考え方・生き方

今まで行った場所をGoogleMapに全て記録する方法【カップルで共有も可能】

サル君
サル君
どうもこんにちは。 サル君です。 (@sarukun_blog)

悩み人
悩み人

今まで行った美味しかったレストランや、思い出の場所とかをGoogle マップに全て記録する方法を教えて!!

こんな疑問を解決します。

例えば、僕が京都旅行で行った場所に関してはこんな感じでピン留めして記録してあります。

サル君
サル君

拡大するとこんな感じです。

具体的なお店まで行ったところが記録できるので、改めて行きたい場所を思い出す際や、思い出として記録する際にかなり重宝しています。

まずはGoogle マップのアプリでリストを作成

まず最初に、Google マップの中でリストを作成する必要があります。

リストというのは、その行った場所をピン留めする際に、グループわけしてくれるモノです。

例えば

  • 「彼氏・彼女と行った場所」
  • 「美味しかったレストラン」
  • 「落ち着くカフェ」

こんな感じのリストを作っておくことで、整理されてみやすくなります。

また、行った場所だけではなく

「行ってみたい場所」

のような場所をピン留めして記録しておくのもおすすめです。

近くを通った際に、そういえばこのお店行きたかったんだ!と気付きやすくなります。

ちょっと話が逸れましたが、本題のリストの作成方法に関してご紹介していきます。

リストの作成方法

今回はスマホ用のGoogle マップアプリで作成する方法について紹介します。

「左上のメニュー」「マイプレイス」「リスト」「右下の+ボタン」

そして

  • リストの名前
  • リストの説明

を入力して完了です。

名前は大事ですが、リストの説明に関しては適当でもなくてもOKです。

仲間内でシェアする予定のある人に関しては、しっかりと文章を入れておくとわかりやすいと思います。

リストのタイプを選択

リストには

  • 非公開
  • グループ
  • 公開

この3種類があります。

ちなみに、このリストのタイプに関してはいつでも後から変更可能です。

非公開

非公開に設定してリストを作成すると、自分のGoogleアカウント以外からは一切見られなくなります。

とはいえ、自分が行った場所を単に記録したい場合には、これで十分です。

同じアカウントでログインさえしてしまえば、パソコンからでもスマホからでも簡単に見ることができるからです。

グループ

僕は基本的にはこの設定で使うことが多いです。

使用用途としてはこんな感じ。

  • 今までデートで行った場所を記録してカップル内で共有
  • 次行く旅行で行きたい場所をリスト化して共有

前者では思い出がすごい残りやすいですし、後者では旅行先でみんなに行く場所とかがシェアされていると一気に集団行動が楽になりますよね。

こういった使用目的の時にはグループをおすすめします。

公開

こちらは僕はあんまり使ったことはないですが

例えばブログなどで、「京都で絶対に行くべき観光スポット」みたいなリストを作って、公開したい場合には有効ですね。

実際にグループで作成したリストを共有する方法

「左上のメニュー」「マイプレイス」「リスト」

でリスト一覧画面に行ったら、共有したいリストの「•••」ボタンを押し、「リストの共有」を選択します。

あとは任意の方法で任意の送りたい人にシェアするだけです。

ここで作成したリンクを公開してしまうと、全員に見られてしまうので、このリンクを送るのは共有したい人だけにしておきましょう。

共有された側は自由にリストを変更できない

ここで注意しておきたいのは、リストの作成者しかリストの内容を編集できない点です。

なので、共有された側は、行った場所などを編集できません。

Googleマップでのリストを有効活用する方法

ここからは、Googleマップでのリストを有効に使っていく上で、こんな使い方がおすすめだよ!

ということについて2つだけ紹介したいと思います。

コツ①メモに日付や情報追加

例えば上記は僕の行きたい場所リスト(仮)なのですが、右にある「•••」ボタンを押すと、メモを追加することができます。

この時に少し情報を加えておくと、あとあと見返した時にわかりやすくなるのでおすすめです。

ちなみに僕が入力している情報はこんな感じです。

  • 20歳の誕生日を祝ってもらったレストラン
  • 〇〇のステーキが美味しかった
  • コンセントも豊富で席も広い。落ち着くカフェ
  • 日付

何を入力してもOKなのでここら辺は完全に好みですね。

コツ②訪れた場所を設定

僕は基本的にGoogleマップのこのリストの機能を行ったところを記録するツールとして活用しているのですが

本来は行きたい場所をリスト化したり、旅行の計画に使うものだそうです。

なので、リストを作成しただけではその場所に行ったことにはなってません。

上記の僕の行きたいリストを見ていると、実際に「57カ所中0カ所を訪れました」と表示されているのがわかります。

なので、先ほどと同じように「•••」ボタンを押して「ここを訪れたことがあります」

として、入力しておくと、どんどん埋まっていって達成感もあり、より一層楽しめます。

Googleマップを使って行った場所や行きたい場所を記録するのはおすすめ

かれこれ僕はこの機能を2年間使ってますが、本当に便利です。

1年間ほどの留学経験があるのですが、その当時はこの機能を知らずに使ってなかったので、結構後悔しています。

今後作ろうと思っているのは「死ぬまでに行きたいスポット100」「親孝行として連れて行きたいリスト」とかを作成してもっと有効活用していこうと思っています。

実際にリストを作って共有できるのは最高ですよね!

 

サル君
サル君

ぜひ、カップル内や友人などのコミュニティ内で有効活用してみてください。

それではっ!