大学生活

引っ越しのアルバイトは辛い、きついの?稼げるの?【1日の流れを解説します】

こんな人にオススメ
  • 本当に辛いのか知りたい!
  • 具体的にどんなことをするの?
  • 1日の大まかな流れは?
  • 引っ越しバイトのメリットって?

どうもこんにちは、サル君です。 (@sarukun_blog)

がっつり稼ぎたいと思ってる方や、長期休暇とか休みの日に丸1日働きたい。

でもどんなバイトしよう?って考えた時に、候補の一つとして引越しのアルバイトがあると思います。

でも辛いとかキツイってよく聞くし、、、と悩んでいる方のために、

実体験を元に1日のスケジュールを詳しくまとめてみました!

その他の大学生向けのアルバイトおすすめランキングをまとめた記事もあるのでこちらをどうぞ。

【体験談】大学生にオススメの楽に稼げるバイトランキング5選! この記事では実際のリアルな体験談を含めながら、オススメのアルバイトを紹介しています。 新高校生 新大学生 ...

引っ越しのアルバイトは辛い、きついの?稼げるの?

結論から言うと

・辛さはバイト先によるが、基本的には辛くない(移動時間がメインのため)

・時給制のところは、かなり高時給に設定されているので、稼げる

・日給制だと、渋滞などで、遅れても残業手当がもらえないところもあるのでNG

引っ越しにはまず3パターンある

引っ越しには主に3パターンあります。
ほとんどの引っ越し会社では全国に営業所があり、そこに荷物が保管されてます。

  1. お家から荷物を引き出して営業所へ
  2. 営業所から荷物を持ってお家へ
  3. お家からお家へ

上記の3パターンがあります。

あくまで引越しのアルバイトで行うのは、長距離間の荷物の引越しではなく、近くの営業所からお家へ、またはその逆がメインとなります。

大抵の引っ越し会社では長距離の営業所間の運ぶ作業は引っ越し会社ではなく、運送会社へ委託している場合が多いと思います。

引っ越しの朝は早い!

営業所に出勤するのは07:00〜07:30くらいの会社がほとんどだと思います。

そこで、当日必要な資材や荷物をトラックに運びます。

朝一番のお客さんの元へは、08:00や08:30に行く必要があるので、朝は道路なども混む時間帯なのでこれぐらい朝早く準備が必要になるという事ですね!

アルバイトに任される仕事は簡単な部分が多い!

経験上ですが、基本的にアルバイトは楽な場所を任される場合が多いです。

荷物はバケツリレー形式で運ぶ事が基本ですが、流れとしては2〜3人で以下の様に荷物を運びます。

  1. トラックから荷物を出す人
  2. その荷物を受け取り、家の玄関まで運ぶ人
  3. それを玄関で受け取り、家の中へ運び、設置

このうち2番を任される事が大半です。

マンション等ではトラックから出された荷物は台車に乗せられ、エレベーターで運びますが、その台車を押して往復する役割を任されることが多いです。

もちろん狭いアパートや一軒家など例外はありますが。

なので、あまり力に自信はないけど、、、という方も大丈夫だと思います。

※洗濯機や冷蔵庫などの重いものは比較的高価で、運ぶのが難しいため、初心者のうちは社員の方が運んでくれたり手伝ってもらうことになります。

お昼ご飯をその時間に食べれないことはザラ!

その日の行く場所や、タイムスケジュールはその日に担当するお客さんによって変わってきます。

  • お客さんが荷造りを終えてなかった
  • 家にいなかった
  • 電話に出ない

なんてことは結構な頻繁に起こります。笑

その間は家の近くの駐車場にトラックを止めて中で待機したり、コンビニで待機したりって感じになることが多いです。

詳しくは後述しますが、この場合は時給制で働いている場合は帰るのが遅くなるけどラッキー!って感じですね。

なので、確実に12:00〜13:00で休憩が取れる。ってことはまずないと思った方がいいです。

逆に、お客さんが用意周到すぎたり、荷物が契約時より少なかったりした場合は予想外に早く終わったりすることもあったりします。

バイト先は時給制か日給制かが決め手!

先ほども行った通り、毎日毎日違うお客様や違う地域を行ったり来たりします。

また、日付や時間帯による道路の混み状況も変化します!

場合によっては凄く帰りが遅くなることもあります。引っ越し作業は17:00に終わったのに渋滞に巻き込まれて解散は19:00過ぎなども。

一方予想外に早く終わった場合は13:00や14:00に解散になる様な場合の引っ越し会社もありますね!

時給制の会社で働く場合に渋滞に巻き込まれた場合はラッキーですね!

その間も時給がもちろん発生しているので!

でも逆に日給制の場合はどんなに長く働いても給料は変わらないので、早く終わったら時給換算で高くなりますね。

時給制がいいか日給制が良いかは、自分に合ったタイプを選びましょう!

※日給制・時給制に関わらず、早く終わったチームは他のチームの応援に行くという事が結構あったりします。

引っ越しバイトは稼げるし、自由時間も多いし、かなりオススメのアルバイトです。

引っ越しは基本的に2〜3人チームで、丸一日行動を一緒にし、昼ごはんも一緒です。

そこで、いかに溶け込めるかが重要ですね!

気まずい雰囲気のメンバーの時もありますし、ラジオや曲を流して楽しい雰囲気のメンバーの時もあります。

アルバイトは毎回出勤するたびにチームの人員が足りてない部分に入れられるので、基本的にはどんな会社で働いても、ですね!笑

実際にアルバイトとしてやってみればわかるのですが、引っ越しは奥が深いです。

社員の方は荷物の運ぶ順番やトラックへの詰め方など非常に頭を使って働かれています。

今まで私が出会ってきたそういった引っ越し職人のプロの方達は、非常に優しい方が多かったです。

分からないことがあれば詳しく教えて頂けるし、重い荷物は無理せずにね!などと励ましてくれる方が大半でした。

お客様の優しい気遣いが嬉しい!

まず普通に生活していたら、さまざまな方のお家にお邪魔することってないですよね!

その中で暑い日や寒い日にせっせと働いていると、稀にですが、飲み物をくれる方やこれで何か買いな!とお捻りをくれる方も。

そういった人との出会いで引っ越しといえども頑張ろう!って思えますよね!

社員の方との出会い!

1日8時間近くもトラックの中でいれば、色々な話を聞くことができます。

トラックの中という狭い空間にいるおかげか、1日が終わる頃にはお互いの色々な部分を知ってたり学ぶことができます。

普段関わらない様なバックグラウンドの人や、年齢層の方のお話を聞けるというのは、私は大変ありがたいと感じて毎日楽しく働いていました!

引っ越しとは新生活に立ち会える場所!

お客様が引っ越す理由として、ポジティブな理由だけではないです。

ただ、同棲や結婚して一緒に住まれる方のための引っ越しや、新大学生で一人暮らしデビュー、後は老夫婦で隠居するために引っ越す!

色々な人たちの新しい生活の1番最初に立ち会うことができるのが引っ越しのアルバイトの良さだと思ってます。

そういった幸せいっぱいの人たちの生活を支えている仕事として、大変楽しく働くことが私はできていました。

詳しく1日の流れや辛さや楽しい部分を書いてみましたが、いかがだったでしょうか?

最後のまとめ部分でも話した通り、給料以上に得るものは多いと思います。

直接会社で長期間アルバイトとして定期的に働くのはまだ不安、、という方はショットワークス などで1日限定などの単発でのアルバイトを探してもいいと思います。

キツイ仕事というイメージ故に人が集まらないのか、時給が他のアルバイトと比較しても高いことが多いです!

一度は経験してみるのをお勧めしますよ!