考え方・生き方

【保存版】メモ帳の活用術、おすすめの使い道やメモ帳アプリをまとめました

サル君
サル君
どうもこんにちは。 サル君です。 (@sarukun_blog)

悩み人
悩み人

スマホやパソコンのメモ帳を使いこなしたい

どんな事をメモしておけば便利かな?

おすすめのメモ帳アプリや、カテゴリー分けする方法が知りたい

この記事では、具体例とともに、おすすめのメモ帳の使いこなし方を、意識の高い大学生に向けてご紹介します。

参考になる書籍や、おすすめのメモアプリなんかもあわせてご紹介します。

僕も学生時代に「メモ帳をスマートにフォルダ分けとかして、瞬時にメモしまくりたい!」って思ってました。

そこで、よくある「メモ活用術」関連の本を読んだり調べたりしていたのですが、どうしても社会人向けの書籍が多くて困ってました。

なので、今回は社会人の立場から大学生に向けてメモ帳を使いこなす方法について書いていきます。

大学生向けというのは、仕事以外の部分でメモを活用する方法をご紹介するというだけですので、社会人の方にも参考にしていただけると思います。

おすすめのメモ帳アプリはiPhoneなら純正、それ以外はEvernote

まずメモを極めようと思った時に、どのメモアプリが最適なのかって結構探しちゃうと思います。

かつて僕も本当に無料有料問わずにかなりのメモ帳アプリを探してきましたが、

結論から言うと、アップル製品を使っている人は純正のメモアプリが最強でして、それ以外の方はEvernoteがおすすめです。

Evernote

Evernote

Evernote無料posted withアプリーチ

↑Evernoteのダウンロードはこちらからどうぞ

理由はいくつかあるのですが、1番の理由は「パソコンなどの他の端末と自動同期が可能」という点です。

iPhoneMacBookなどを使っている人は、iCloudで自動的に同期してくれますよね。

Evernoteも同様に、同じアカウントでログインしていれば、どの端末からもそのメモを見ることができます。

なので、iPhoneユーザーの方でも、パソコンはWindows!とかいう人は、Evernoteがおすすめです。

純正のメモアプリやEvernoteがおすすめな理由

  • メモの検索が可能
  • PDFや画像ファイルなどの添付も可能
  • 手書き入力も可能
  • カテゴリーを2階層に分けて管理できる

などなどです。

今回紹介していくメモ帳の活用法では、人生の色んな事についてメモをしていくので、上記のような機能はかなり大事になってきます。

特別な理由がない限りは、やはりAppleの純正のメモ帳か、Evernoteで良いと思います。もちろん両方とも無料です。

メモ帳を使いこなす上でおすすめのカテゴリー分けの方法を解説

ここからは、実際に僕がやっているカテゴリー分けの方法と、カテゴリーの種類について解説していきます。

カテゴリー分けの実例(参考にしてください)

親カテゴリー 子カテゴリー
0000_FB 0001_FB
0002_To do
0100_ブログ関係 0101_テンプレート
0102_ブログネタ
0103_Twitterネタ
0104_公開済みの記事
0200_就職活動 0201_会社に関する情報
0202_ESなど
0203_テンプレート
0204_就活用の写真などのデータ
0300_画像関係 0301_ブログ用のアイコン
0302_好きな画像
0303_タメになる画像
0399_その他
0400_大学関係 0401_試験情報
0402_試験の勉強素材
0500_憧れ・夢 0501_欲しいもの
0502_やりたいこと
0503_行きたい場所
0504_見たい映画
0505_読みたい本
0506_人生で1度はやりたいこと
0507_憧れの人
0600_残しておきたいこと 0601_好きな名言・格言
0602_好きなキャッチコピー
0603_マイルール
0604_読んだ本
0605_見た映画
0606_自分の服のサイズ
0607_旅の記録
0900_その他 0901_カラオケで歌える曲
0902_何か強く感じたこと

あくまで僕の例として、こんな感じにカテゴリー分けしています。

これを見ていただくと、普段どんなことをメモしているのかという部分までわかってくると思います。

ちなみに、僕は現時点でもう大学は卒業して働いていますし、就職活動も終えた段階なので、そこらへんのカテゴリーは使用してません…そろそろ新しいのに変えないとですね。

どんな内容のメモをしているんだ?とわかりづらいカテゴリーだったり、こんなカテゴリーを作るとおすすめ!というものに関しては、次項で詳しく解説しています。

コツ①:カテゴリー名の前には数字をつける

メモ帳を綺麗にかっこ良くカテゴリー分けする際のコツは「フォルダ名の前に数字をつける」ことです。

というのも、基本的にiPhoneの純正のメモ帳にしても、Evernoteにしても、カテゴリーが名前順に並んでしまうことが多いです。

なので、フォルダ名の前には数字を並べたい順番でつけておくと、整った順番で整理することができます。

数字のつけ方に関しては、上記の例を参考に好きなように並べてみてください。

4桁の数字を使っておくと、いざ新しいフォルダを作りたい!ってなった場合にも柔軟に対応ができるのでおすすめです。

コツ2:なんでもボックス(FB)を作っておく

僕のメモ帳のカテゴリーの最初の「0001_FB」というのは、First Boxの略でして、とにかくメモをするときはこのなんでもボックスに記録しています。

何かメモしたい時に、この内容に合致するカテゴリーは…なんて毎回毎回探しているのは面倒ですし、明らかに効率が悪いです。

なので、僕の個人的なおすすめは、とりあえずどんな内容のメモに関してもまず最初はFBに入れてしまいます。

そしてあとは、1日の終わりなどの自分の決めた時間にメモ帳のカテゴリー整理を行うのがもっとも効率よくメモを管理できる方法だと思います。

コツ3:似たようなジャンルの内容が5つ溜まったら、カテゴリーを作成

僕のメモ帳のカテゴリー分けを見ていただくと、かなり多くの項目があるように思えますが、最初からこれだけのカテゴリーがあったわけではありません。

基本的にはこれをメモしてあったりしたら便利だなと思う内容をメモして、FBに入れています。

そこで、同じようなジャンルや内容のメモが5つ以上溜まったら新しいカテゴリーを作成するようにしています。

こうすることで、「メモしたいけど、適してるカテゴリーがないからやめておこう…」なんていう勿体無い機会損失が減るのでおすすめです。

具体的なカテゴリー名や、カテゴリーの種類に関しては次項で詳しく解説しています。

メモ帳初心者にありがちなのが、「メモすることがない」

メモすべきことがあるから、メモ帳を使うというのが本来の使い方ですので、かなり本末転倒な状況ですね

でも、気持ちはめちゃめちゃわかります。僕もかつてそうでした。ただメモ帳をかっこ良く使いこなしたいだけなので、特にメモしておくべきことがないんですよね。

なので今回はそんな同じような意識高い人に向けて、

  • 「実際にメモしたら便利だからおすすめ!」カテゴリー
  • 「分かりにくい」カテゴリー

を解説していきます。

FB・Todo

先ほど紹介した通り、これらに関してはとにかく思いついたら入れるフォルダです。

Todoに関しては、やらなければいけないことを忘れないようにしなきゃ!って場合には、このフォルダにとりあえず入れておきます。

好きな画像・タメになる画像

好きな画像フォルダには、好きな風景の画像だったり、好きな女優などの写真を保存しています。

普通のカメラロールなどに保存しても良いけど、定期的に見返したいから探すのがめんどくさい

みたいな画像を整理する際にかなり重宝しています。

後は、好きな文章のスクショだったり、タメになると思ったページやTwitterのスクリーンショットなんかも全てこれらのフォルダに保存しています。

好きな名言やキャッチコピーとかも、画像タイプのものがあればここに保存しています。

憧れ・夢

憧れ・夢フォルダに関しては、先ほど挙げた例のように、更に細分化して整理しています。

行きたい場所、読みたい本、会いたい人、一生のうちにやっておきたいこと、欲しいもの、などなどです。

まぁこのフォルダに書く内容に関しては想像の通りですが、実際このフォルダのメモが一番見返すかもしれません。

やりたいことを逐一しっかり記録しておくのは本気でおすすめです。

〇〇したい!って思っても、メモしないと1週間後には忘れてますからね・・・

好きな名言やキャッチコピー

僕は名言とかが大好きな人でして、何か良いのに出会うたびにすぐにメモしてこのフォルダに入れています。

そして何か目標や夢に対してつまずいた時に見返す様にしていますね!

俗にゆう名言だけでなく、テレビやYouTubeなどの動画を見ていて、誰かが言った印象的な発言なんかも、ここに記録したりしています。

また、キャッチコピーは、電車とかに乗っていて「このキャッチコピー考えたやつ天才だろ」みたいに思ったものを全て記録しています!

【名言集】人生で大事なことは全て『はじめの一歩』から学んだ。【受験生・就活生必見】 受験生や就活生、アスリートの方など、何か結果を出すために並々ならぬ努力をしてる皆さんにぜひ読んで欲しい記事になってます!! ...

自分の服や靴のサイズ

自分の服や靴のサイズに関してはある程度把握していても、ブランドによって結構サイズ感が違ったりしますよね。

僕はスニーカーが大好きなのですが、ブランドによってサイズが結構違ったりします。

毎回靴を買いに行くたびに「あれ、何センチだっけな…」と消耗しまくっていたのですが、ブランド名とサイズを記録しておけば、ショップに行ったときにブランド名で検索をかければ一瞬で解決です。

後はジーパンなどのウエストサイズ、持っているカバンのサイズ、Tシャツの丈のサイズなどを記録しておくと、買い物に行ったときに比較対象にして参考にしやすくなります。

何か強く感じたこと

毎日何かしら感情って沸き起こると思うのですが、僕は強く何かを感じた際には記録に残す様にしています。

「クソ悔しい…」「面白すぎた…」「まじ悲しい…」

こういった感情って、次の行動のためのバネになってくれたりもするのですが、割と1週間くらいでケロッと忘れちゃったりしますよね。

僕はそれがかなり勿体無い!!!と思っていたので、記録する様にしています。

あまりにも悲しいことや、早く忘れたい!みたいなことは記録しない様にしていますが…

メモ帳を活用するために参考になる本は『メモの魔力』

created by Rinker
¥1,540
(2019/12/13 21:28:24時点 Amazon調べ-詳細)

メモ帳を活用し始めて、2年ほど経過してからこの本を読んだのですが、もっと早くに読んでおけば良かったと思いました。

よくある自己啓発系の本かと思いきや、かなり実用的なメモ帳の使い方を徹底的に解説してくれています。

著者は前田裕二さんという方で、今超絶流行っている生放送系のサービス『SHOWROOM』の代表取締役社長です。

このサービスが生まれたのも、メモを人生の母艦として、メモ魔になっていたからだそうです。

メモで人生を変えたい!という方には必読の1冊だと思います。

まじでメモ帳ひとつで人生の質が大きく向上する

メモ帳を本気で活用し始めてからおそらく2年ほどが経過しましたが、本当に人生の質が上がったなぁと思っています。

細かい自分の感情や思考の成長度合いなんかも実感できますし、実用的な面でも、服のサイズやカラオケでキーを下げずに歌える曲などをメモしておくとかなり楽ですよね。

ということで、メモ帳の有効活用に悩んでいる意識高い大学生とかは参考にしてみてください!

メモ魔になるとなんか色々と思考も整理されるしアイディアも浮かぶしやりたい事や目標も明確になるしで良い事づくしです。

サル君
サル君
それではっ!