就職活動

『メモの魔力』社会人でも自己分析を継続しましょう【やりたいことの見つけ方】

サル君
サル君
どうもこんにちは。サル君です。 (@sarukun_blog)

就職活動中の方や、就職活動が終わってのんびり大学生活を楽しんでいる方、そして社会人の方、お疲れ様です!

今回は、就活が終わっても社会人になっても自己分析はし続けるべき理由について書いていこうと思います。

就職活動中で内定獲得を目指している方から、社会人の方に向けても書いていくので、目次から自分のきになる項目に飛んでもらっても全然OKですよ!

そもそも自己分析はなぜするの?

自己分析をする理由は人それぞれですが、最たる理由は「自分の軸を見つける」ためですね。

自己分析の詳しいやり方については圧倒的に『絶対内定2020』と『メモの魔力』をお勧めします。

過去の自分の経験や意識を、抽象化することによって、自分は未来でどういうことがしたいのかという目標を明確にするためです。

【2021卒・完全版】就活生がすべき4つの事とそのやり方を詳しく解説 今は就職活動も始まって色々順調に進んでいる人から、何すりゃいいかわからねぇ!って人もたくさんいると思います。 就活...

自己分析で得れる結果の一例

  1. 受験勉強を猛烈に頑張った過去がある
  2. なぜ頑張れたのか?
  3. 良い名前の大学に入ったという肩書きが欲しかった
  4. 周囲に自慢できる肩書きのためなら自分は頑張れる

④のような気づきを得ることが一番大切です。

これはあくまでも一つの例ですが、このように

サル君
サル君

自分はどんな時になら頑張ることができるのか?

そしてどんなことをやりたいのか?

といったことを明確化することが目的です。

ゴール設定の重要性

徹底的に自己分析をすると、次第に自分が持っている「人生の軸」が明確になります。「自分はこういうときに幸せを感じやすいから、こんなゴールをもったら、すごく楽しくなりそうだ」などと、目指すべき方向性を自ら設定できるようになるのです。

メモの魔力 より抜粋

私が自己分析をする上で圧倒的にお勧めする『メモの魔力』の一文です。

ゴールを明確にすることによって、そのゴールに到達するためには何が必要か?を逆算することができるようになります。

  • Aというゴールのためには〇〇のスキルが必要だから、まずはBという会社に入社して〇〇のスキルを磨こう。

 

  • Aというときに幸せを感じやすいから、Aを実現できるような会社を目指そう

 

  • Aというときに幸せを感じやすいが、会社員としてはその夢は実現できそうにない。ならば自分で独立しよう。もしくはフリーランスとして活動しよう

ゴール設定がしっかりしていないと冬眠と同じ。

冬眠と同じという言葉は私が初めて聞いたときに考えさせられた言葉の一つなので紹介させてください。

「毎月給料をもらって、使い切ってまた働くのは冬眠と同じ」

どういうことかというと、明確なゴールや目標設定ができていないと、時間的、金銭的余裕を毎月消耗していくだけで何もしていないで寝ているのと変わらないってことです。

なので、会社を選ぶにせよ、独立するにせよ、ゴールの明確化はひたすらに重要なことです。

ゴール設定を明確化して圧倒的な成果を出したい!自己分析に狂いたい。

という人には『メモの魔力』をお勧めします。自己分析の重要性から詳しいやり方まで本書で学べるのはもちろん、巻末に自己分析をするための1000の質問項目が載っています。

自己分析に狂って圧倒的成果を出したい人はぜひ取り組んでみてください。

もちろん内定獲得までは徹底的に自己分析をしよう

サル君
サル君
内定獲得のために自己分析が必須なのはもう当たり前!

自分がどんな事がしたいかもわかっていないのに、会社に自分の魅力を伝える事はできませんし、そもそも自分にあった会社を選ぶ事だってできません。

極端な話、自己分析をし続けた結果、会社勤めでは実現できない夢の存在に気づくかもしれません。

そうなったらまずやるべきは就活ではなくて、そのゴールのためにすべき事をこなすだけですよね。

内定獲得後の自己分析こそがもっとも重要

私自身内定を獲得するまでの就活期間中は、まさに『絶対内定』の巻末に載っているワークシートを狂ったようにやり、自分はどんな仕事がしたいのか、どんな働き方が一番頑張ることができるのか。を徹底的に自己分析をしました。

サル君
サル君
全国の就活生と比較しても上位5%には入る自信があるほど行いました。

そこで、無事に第一志望の企業から内定を頂き、あとは就職までの大学生活を謳歌するだけだったはずですが、内定獲得後の自己分析こそが一番重要である事に気付きました。

そもそも就職先が決まるタイミングがおかしすぎる


以前こんなツイートをしましたが、現在では早期内定!とうたっている企業では、早いと大学3年生の夏、そして普通の就職活動解禁に則っている企業でも、大学4年生の夏頃には就職先が決まってしまうんですよね。

つまり、就職先が決まってから実際に就職するまでに1年ほどの期間があります。

1年って短いようで長いです。考え方ややりたい事も大きく変わります。この間に自己分析を継続せずに、思考停止で大学3年生の間に決めた就職先に行くのは非常に危険です。

自己分析を徹底していても考え方は変わる。

 考え方が変わるってことは自己分析を完璧にしなかったからじゃないの?

という方もいるかもしれませんが、むしろ逆だと思ってます。

常に自分は何をしたいのか考えているからこそ、考えは大きく変わっていきます。むしろやりたいことや目標が変わらないのは思考停止状態であると思います。

サル君
サル君
今までは過去の経験から未来の自分のゴール設定をしてたが、過去の自分が経験したことないことに関してはまったくわかってない状態!

そのため、内定獲得後にも絶対に自己分析は継続しましょう。

内定獲得から就職までで考えが大きく変わった例

これは私自身が実際に経験した考え方の変遷です。

第一志望の企業への内定獲得後、就職まで1年ほど自由な時間がありました。大学では単位も取得済みのため、本当に毎日が休みでした。

でも或る夏の日に、救急車で運ばれ、体調不良で満足に家を出れない日が数日続きました。

その時に改めてどんな仕事がしたいかを改めて考えるようになりました。

  • 同じような境遇の人を助けたい。そんな発信活動をしたい。
  • いつ病に倒れるか分からない。だから今いる周りの大切な人との時間を増やしたい。
  • お金ではなく、健康でいかに家族の近くにいることができるか。

こういった考え方の変遷により、内定先への不安は募るばかりでした。やりたいことや目標は少しづつ変わっていたからです。

でも、実際に改めて自己分析したのは就職の1ヶ月前。

そこから発信活動は始めましたが、改めて就職活動をする時間的余裕もなければ、直前でせっかく得た内定を蹴る勇気もありませんでした。

なので、当面の目標は第一志望で内定をもらった企業で働き、安定した給料や立場を有効に使いながら、発信活動をしていく!と決意しました。

サル君
サル君
もし、自己分析を継続していて、発信活動に本格的に力を入れたい!という目線で就職活動をし直していたら、また違った企業に就職していたかもしれないと思っています。
5分で分かる『チーズはどこへ消えた?』幸せを掴む為に必要な7つの事 「全世界で2800万人に読み継がれたビジネス書の金字塔!」と話題の『チーズはどこへ消えた?』と言う物語について、紹介していきたい...

社会人になっても自己分析は必須

「毎月給料をもらって、使い切ってまた働くのは冬眠と同じ」

先ほどこんな言葉を紹介しましたが、毎日毎日仕事以外にもいろいろなことを経験し、考え、情報を得ていると思います。

となってくると、確実に自分自身の考えややりたいことは変化し続けているはずです。

逆に変化していない人は、日々のアンテナをしっかりと張り切れていない人だと思ってます。

目先の給料のためにがむしゃらに働くのもいいですが、もしゴールが明確になっていれば、長期的な目標を立てて行動していくことが可能です。

しっかりと自己分析をすれば

  • もう少しこの会社で働いて人的•知的財産の獲得を目指す!
  • この仕事こそが本当にやりたい仕事だからより一層頑張る!
  • この仕事は実はやりたい仕事ではない。働きつつも副業としてまずは自分のやりたいことにチャレンジしてみる!
  • 貯金も溜まってきたし独立してみよう!
サル君
サル君
このようないろいろな選択肢が出てくると思いますし、その選択肢を実行するためにはどうすればよいかが明確になってくると思います!

結論:一生自己分析をし続けよう。考えは常に変わるもの。

結論ですが、考えは常に変わります!やりたいことが小学生の頃から変わってない!なんて人は存在しないですよね。

この記事を見ていかに自己分析が重要かがわかってもらえたら幸いです。

私自身自己分析をもっと早くやっておけば。と思うことも多々有ります。

まず自己分析に狂いたいけどそもそもやり方がわからない!

という人に関しては今回紹介した二冊の本をもとに、ワークシートを徹底して進めることをお勧めします。

完全就活生向け→『絶対内定2020

社会人、ビジネスマン向け→『メモの魔力

本を1ヶ月に2冊以上読む人ならKindleUnlimitedがおすすめ

本を毎月1冊は読むかなぁなんて人には月額980円で様々な電子書籍や雑誌などが読み放題になるKindleUnlimitedがおすすめです。

初回30日間は無料で試すことができるので、とりあえず試すだけ試して、不満足だったら解約なんてのもありだと思います。

約31万冊も色々な雑誌や本を読むことができます。

何が良いって読める本に関してもどんどん入れ替わるので、話題の新書なんかも結構読めたりします

サル君
サル君

それらが一定期間でどんどん入れ替わるので、1ヶ月に1冊以上は本を読むって方なんかは、まじでおすすめです。