就職活動

2021年卒の就活生が絶対に読むべき本9選!【後悔しない就活を!楽しんだもん勝ち】

どうもこんにちは。 サル君です。 (@sarukun_blog)

悩み人
悩み人

これから就職活動が始まるけど、やりたいこととかが決まっていない

終身雇用も終わって大企業も安泰じゃない時代だけど、どんな会社に就職するのがベストなのかな?

ベンチャー企業?大企業?フリーランス?エンジニア?

こういった疑問で悩まれている方にオススメの記事になっています。

就活生が読むべき本の中で、主に以下の2種類の本を紹介します

  1. 自分の本当にやりたいことや、自分の強みや資質に気づける本
  2. 大企業か?ベンチャーに就職すべきか?論争の正解に少しでも近づけるヒントをくれるような本

当記事では、上記の2種類の本を紹介します。

なので、「この本を読んで面接テクニックを磨くべき!」とか「この本を読んでエントリーシートを完璧にしよう!」みたいな、テクニック的な本は紹介しません!

そういったテクニック部分に関してはこちらの記事をどうぞ

>>>>【2021卒・完全版】就活生がすべき4つの事とそのやり方を詳しく解説

ほとんどの人が就職活動をきっかけに、初めて自分の将来について真剣に考えると思います。

その中で、悩みや正解のない答えを求めて日々奮闘されていることだと思います。

サル君
サル君
過去の自分も本当にそうでしたので、気持ちが痛いほどわかります

①自分の本当にやりたいことや、自分の強みや資質に気づける本

私もかつていざ就職活動を始めよう!ってなった時に

働いたこともないし、どんな仕事があるのかもわからないのに

と、不安や焦り、そして憤りを感じていました(笑)。

ですが、いろいろな本と出逢い、少しずつですが、本当に自分でやりたいことや、仕事、業界が見えてくるようになりましたので、そういった本をご紹介します。

②大企業か?ベンチャーに就職すべきか?論争の正解に少しでも近づけるヒントをくれるような本

また、このご時世、大企業に就職すべき、ベンチャー企業に就職すべき、フリーランスになるべき。

などなど色々な道が提示されていて悩まれている人も多いと思います。

その正解はわかりませんし、きっと正解はないんだと思います。

人それぞれ違うと思います。

ですが、その自分自身の答えを導き出すために、ヒントを与えてくれるような本をご紹介します。

これらの本を読むことで

  • 自分にはどういった働き方が合っているのか?
  • 自分にはどういったものに幸せを感じるのか?

などを考え直し、ファーストキャリアを考えてみてほしいです。

就活生が読むべき本9選!出来るなら全部、無理なら気になった本だけでも読んでほしい。

では早速ですが、就活生が読むべき本9冊を紹介していきたいと思います。

LIFE SHIFT(ライフシフト)

寿命100年時代、あなたはどう生きますか? 新しい人生戦略を提示した『LIFE SHIFT』。誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くか。働き方、学び方、結婚、子育て、人生のすべてが変わる。目前に迫る長寿社会を楽しむバイブルとなる一冊です。

amazonより引用

1冊目にご紹介したいのはこの本です。

これからは人生100年時代と言われて久しいですが

疑う人
疑う人
今後80年間を幸せにするためには、どういった選択肢を選んでいくのが良いのか?

そういった疑問に対して、いくつかの事例をもとに、解説してくれる本です。

例えばですが、こんな人生はどうでしょう。

仕事に熱中し、お金を稼ぎまくり、裕福になる。

老後に貯蓄はあるけれども、仕事に熱中しすぎたあまりに、人的資本(家族や友人など)との関係がおろそかになっている場合、それは果たして幸せな人生だと言えるのか?

となると、長い目で見た時に、老後までに用意しておくべき資産はお金だけではなく、様々なものがあると言うことに気づけると思います。

その中で、自分は、時間やお金、家族や友人との時間、何に重きを置いて会社を選ぶべきなのか、といったことなどを深く考えさせられる本になっています。

就活前に読めて心から良かった。

この本がなかったら今の自分はいないと思うくらい、考え方を改めさせられた本です。

絶対内定 2021

こちらの本は、過去記事でも紹介していますが

  • 自分の過去を徹底的に振り返る
  • 自分の嫌な過去も嬉しかった思い出も全て正面から向き合う
  • 全て繰り返し思考する

巻末にこういった自分の内面を導き出すワークシートが付いているのですが、とてもじゃないですが、1日で終わるような分量ではありません。

なので、それをやりきる覚悟がある人は、この本から得れるものは絶対に大きい。

本気でそのワークシートをやり終えた時には、本当の新しい自分に気付くことができていると思います。

  • 自分は何になりたいのか?
  • どんな人間になりたいのか?
  • 自分の強みは何なのか?
  • どういったことに幸せを感じるのか?

といった部分に気付くことができます。

私はこの本を就職活動をする前に、ボロボロになるまで繰り返しました。

サル君
サル君
巻末のワークシートだけでなく、本書に記載されている文言11つがやる気を与えてくれるので、非常に面白くあっという間に読み終われると思います!

メモの魔力

こちらの本に関しては、別途個別で紹介する記事を書いているので、詳しくは『メモの魔力』社会人でも自己分析を継続しましょう【やりたいことの見つけ方】を読んでください。

徹底的に自分のを知りたい方は、先ほど紹介した『絶対内定 2021』と同様におすすめです。

こちらは、「メモによって人生を変えていく方法」なども、詳しく書いてあり、思わずメモを取りまくりたくなる様な1冊です。

夢を叶えるゾウ

私が人生で一番最初に読んだ自己啓発本であり、今でも一番大事にしている教えをたくさん学べた本です。

こちらも詳しくは【成功する人の習慣】靴を磨いて、トイレ掃除して、神社に行ってる。の記事で紹介しています。

漠然と成功したい!と言う思いだけがある冴えない社会人が、突然現れた神様(ガネーシャ)によって、毎日与えられる課題を11つこなしていくと言うストーリーです。

実際に本を読み進めながら、一緒に11つの課題をこなしていきます。

その中で与えられるのは「靴を磨く」「神社に参拝に行く」「募金をする」などどれも簡単なものです。

主人公はそれに対して、この課題をすることと、成功することにどんな関係があるんだ!と不満を持ちますが、それに対しての神様(ガネーシャ)の解答に圧巻されます。

サル君
サル君
なるほど!少しづつでもこれらをやれば、自分が変われていることが実感できる!

そんな風に思うことができる1冊です。

  • 自分を変えたい
  • 就職できるのか不安だ
  • 自分を雇ってくれるところなんてあるのか?変わりたい

そう思ってる人には、絶対に読んでほしい一冊です。

金持ち父さん貧乏父さん

こちらの本は、就職する直前に読んだ本ですが、頭をガツンと殴られたような衝撃を受けました。

一気に考え方が変わった本です。

資本主義経済を生き抜くためには、どういったキャリア、もしくはどういった勉強をしていくのが正しいのか?

などなど、大半の人が当たり前と思っているようなことの、当たり前をぶっ壊されるような本です。

この本に関しては学びが多すぎて、3本仕立てで記事を書いているので、興味ある方はこちらも読んでみてください。

10年後の仕事図鑑

AIが台頭する21世紀には、AIに価値を「奪われる」人と、AIで価値を「生み出す」人の2種類がいる。

10年後の仕事図鑑』より引用

今後AIの台頭によって、様々な働き方や、仕事に変化が起きてくる、いや、起きていると言われていますよね。

そんな中で

  • 10年後にも生き残っている仕事
  • AIに取って代わられている仕事
  • AIにとって変わられない人材になるためにはどういう人間どういうキャリアを目指すべきなのか

上記のようなことが学べる一冊です。

なので、安直に就職先を考えるのではなく

将来的に自分の市場価値を高めることのできる仕事は何なのか?

ということを考えて就職先を選びたい人にとっては、必読の1冊です。

人生は攻略できる

こちらは資本主義社会の中で、生き抜くためにはどうするべきか?といったことをテーマにいくつもの名著を書かれている、橘玲さんという方の本です。

「サラリーマンでは豊かになれない」というのがこの著者の考えです。

就職する!という道以外で、将来を考えている方なんかは、必読だと思います。

また、就職はするけれども、いずれは

「独立したい」「雇われ以外の身になりたい」

そう考えている人にもぜひ読んでいただきたいおすすめの1冊です。

この本に関しても別記事で解説しているので、5分で分かる『人生は攻略できる』幸せになるために必要な5要素【例付で紹介します】も合わせてどうぞ!

ブランド人になれ

新卒でNTTデータに入社したのちに、リクルート、ライブドア、コンデナスト、LINEZOZOと、時代の最先端企業を渡り歩いてきた田端信太郎さんの著書です。

会社の看板に頼るのではなく、常に個人の名前で勝負していくこと、つまり個人でブランド力をつけることが重要である。と説かれている本です。

そんなブランド人になるべく、どのような行動をすべきなのか?などをじっくり学べる本です。

大企業に就職しようと考えているが、個人でもブランド力や仕事できる力を身につけていきたい!

そう考えている人は必読の1冊です。

ストレングスファインダー

こちらの本は、巻末についている「アクセスコード」を用いて、30分程度のテストを受けることで、自分の強みがかなり正確に診断できる本になっています。

最近では色々なところで、「無料性格診断テスト」のようなものがありますし、それらを否定するわけではないですが

やはりこのストレングスファインダーテストは「当たりすぎて怖いと言うのが最初の感想でした。

サル君
サル君
自分の強みを客観的にも、改めて深く知りたいと言う方には本気でおすすめしたい1冊です!

この本に関しては、下記の記事でより詳しく解説しています!

さあ、才能に目覚めよう!ストレングス・ファインダーが当たりすぎて怖い。転職や就活にも使える!【強みを知る方法】どうもこんにちは、サル君です。 さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 〈ストレングス・ファインダー2.0〉 p...

後悔のない就活を送るためには、少しでも気になった本は読んでほしい

私は今、業界最大手の大企業で働いていますが、紹介する本のほとんどは、就職してから読みました。

実は、もっと就職活動の時期に読んでたら就職先も違ってたかもなと、少し後悔しているような本もあります。

なので、ぜひこの記事で、少しでも興味がある本は手にとって読んでみなさんには後悔のない就職活動を送っていただけたらと思い、この記事を執筆しました。

1000円から2000円をケチって、後悔するのなんて勿体無いですよね。

ファーストキャリアで一生が決まるとは思いませんが、なるべく後悔しない就職活動を送りたいのはみんな同じ気持ちだと思います。

最後に:私自身が、就活生の時に読んでおくべきだったと後悔している本ばかり

今回紹介したのは、就活時期に読んでいればまた違った今があったのかもしれない。とそう思えるような本ばかりです!

就活生に限らずとも将来に悩まれている方などは、たくさんヒントをくれる本だと思いますので、ぜひ読んでみてください!