考え方・生き方

キンコン西野の近大の卒業式でのスピーチ内での話が感動しまくる!

どうもこんにちは。 サル君です! (@sarukun_blog)

近畿大学での卒業式のスピーチが毎年話題になってるのを知ってますか?!

毎回のように、著名人を招待して、かなり感動的なスピーチが行われることで有名です。

過去にはホリエモンなんかも登壇されてましたね。

そこで2019年度の卒業式ではキングコングの西野さんが登壇されて、16分ほどのスピーチをされました。

まだ見てないって人には動画をブックマークしてでも、後で絶対に見て欲しい!ってくらいオススメです。

 

なんですが、今どうしてもすぐに見るのが難しい環境にいる人もいると思うので

そういった人に向けて、私がこの動画を見て心に刺さった部分などを紹介していこうと思います!!

キングコング西野さんの芸人として以外の顔

芸人としてははねるのトびらに出演していたり

普通にお笑い芸人というイメージが20歳後半の人の中ではイメージとして強いと思います。

でも最近だと

  • 読者が選ぶビジネス書ランキング 2018年で1位
  • 国内最大2万2000人のオンラインサロンを運営
  • クラウドファンディングで合計2億円調達
  • 絵本作家として「えんとつ町のプペル」を出版し、大ベストセラー

などなど…

こういった芸人としての顔だけじゃなく、ビジネスの天才としてもかなり有名ですよね。

私もはねトび世代なので、芸人というイメージが強く、絵本に対してもあんまり興味を持てませんでした。

が、この「革命のファンファーレ」を読んでから、一気に西野さんへの見方や考え方が変わりました。

少しでも興味がある方は一読してみることをお勧めします。

心に刺さったキングコング西野さんの言葉たち

「涙がポロリ、草食系男子」[モデル:大川竜弥]

ここからは私が最も心に残った言葉を具体的に3つほど引用して、ご紹介させてもらおうと思います!

未来を変えることはできないけれども、「過去」を変えることはできる

僕たちは今この瞬間に未来を変えることはできません。

そうでしょ? 『10年後の未来を、今、この瞬間に変えて』と言われても、ちょっと難しい。

でも、僕たちは過去を変えることはできる。

近畿大学2019年度卒業式-西野亮廣さんのスピーチより引用

普通であれば

過去は変えることはできないけど、未来は変えることはできる。

だから今から努力しなさい。

みたいな名言がほとんどですよね。

でもこの西野さんのスピーチでは真逆です。

未来を変えることはできないけれども、過去は変えることができる。

確かに冷静になってみると、じゃあ1年後の今日起こる出来事を変えてくださいなんで絶対に無理ですよね。

であれば、過去の恥ずかしい失敗や経験を、笑い話にして、友人に話せば、それだけでもう価値のあるもの。

もしそれが本当に辛い経験であったのであれば、同じような経験をしている人の支えになるかもしれない。

こう考えると、ネガティブな過去なんてものは、今の自分の考え方や行動次第で、いくらでもポジティブなものだったり、自分の資産に変えることができるんですね!

このブログでもガンガン自分の辛かった過去や、経験もコンテンツにしていくことで

ネガティブな過去を変えられるとそう信じて発信していきます!

人生に失敗など存在しない

失敗した瞬間に辞めてしまうから失敗が存在するわけで、

失敗を受け入れて、

過去をアップデートし、

試行錯誤を繰り返して、

成功に辿りついた時、

あの日の失敗が必要であったことを僕らは知ります。

つまり、理論上、この世界に失敗なんて存在しないわけです。

近畿大学2019年度卒業式-西野亮廣さんのスピーチより引用

失敗なくして成功はありえない。

逆に全く挫折や失敗、辛い経験をせずに成功している!という成功者がいるのであれば知りたいくらい。

どんなにきらびやかで輝いて見える人でも、辛い過去だったり、失敗をしてきているはずです。

でも、その経験も、成功した時には必要だったと思える日が必ず来るんですよね。

この言葉から学べることは、「とにかく挑戦しろ。」ということ。

理論上失敗というものが存在しないとわかった今、やりたいことや夢に向かってチャレンジしない理由はないわけです。

どんなに失敗しても、成功するまで継続していればそれは失敗ではなくなる。

ちょっと話は変わりますがこんなふざけた、なぞなぞ知ってます?

100発100中で、雨乞いを成功させる占い師がいる。

この人が天に雨乞いすれば、100%の確率で雨を降らすことができる。

なぜでしょう?

答えわかりますか?

私は以前友人に出された時に全く答えられませんでした。

答えは「雨が降るまで雨乞いを続けるから」です。

 

くだらねぇって思うかもしれないけれども、要はそういうこと。

成功するまで努力を継続していれば、それは成功率100%

もちろんそこにたどり着くまでの過程で試行錯誤や、頭を使う場面も必要だとは思いますけどね。

鐘がなる前には報われない時間があると言うこと

「時計の針って面白くて、長針と短針が約1時間ごとに重なるんです。1時5分頃に重なって、2時10分頃に重なって…毎時重なるんですけど、でも、11時台だけは重ならないんです。

短針が逃げきっちゃう。

二つの針が再び重なるのは12時。

鐘が鳴る時です。

何が言いたいかと言うと、『鐘が鳴る前は報われない時間がありますよ』です。

僕にもありましたし、皆さんにも必ずあります。

人生における11時台が。

でも大丈夫。

時計の針は必ず重なるから。

だから、挑戦してください。

近畿大学2019年度卒業式-西野亮廣さんのスピーチより引用

今本当にしんどい、辛い。何をしても結果が出ない。

色々な出口の見えない悩みを抱えている人は多いと思います。

私もこの動画を見たときもそうですし、正直今でも出口の見えない辛さに悩まされています。

でも、それは人生における11時台なんですよね。

そう考えたら、大きな鐘がなる、つまり人生における頂点のような幸せが来る直前だということです。

出口が見えない、先が見えない、いつになったらこの辛さから解放されるんだ。

そう思った時にはこの言葉をぜひ思い出してみてください。

必ず、必ず鐘はなります。

必ず、12時はやってきます。

ただ、鐘がなる前には報われない時間があるということを覚えておけば、何か辛くてしんどくなった時にも

ああなるほど、今は11時台なんだな。もう少しで鐘がなるんだ。

頑張ろう!!!

そう思えますよね。

16分のスピーチをあっという間に感じさせるさすがプロとしての話力

今回紹介したような名言が出てくるのは、16分あるうちの最後の4分だけです。

それまではお笑い芸人としてさすがともいうべき、面白いふざけた話を延々とし続けます。

面白いけれども、卒業式のスピーチとしてはどうなんだ?

と思っていたら圧巻の最後の4分間の締め。

さすがのプロのトーク力だなぁと思いました(笑)。

大人数の前で、どんな内容でもいいから講演をする。

というのが昔からの夢である私にとっては、話の内容以外にも学ぶべきところだらけでした!!

まだ見てない人は、ぜひ最初から最後までみてください。

最後の感動パートだけ見ても、わからない部分があると思うので

最初のふざけた話の部分も絶対に見ることをお勧めします!!