考え方・生き方

【保存版】MacBookを買ったらすべき環境設定/入れるべきオススメのアプリ

どうもこんにちは。 サル君です。 (@sarukun_blog)

MacBookを購入してから5年くらいが経過しますが、今では平日は3時間、休日は5〜6時間はMacBookをいじっています。

今回はそんな私が、下記について超絶詳しく解説していきます。

この記事の内容
  • まずMacを買ったらしておきたい設定
  • まずMacを買ったら入れたいアプリ

とは言っても、二番煎じのようなものも多いので、目新しいような設定やアプリなどはないかもしれませんが、

私はこんな設定やアプリがおすすめだよ!

ということで参考にしていただければと思います。

MacBookを買ったらまずすべき環境設定編

MacBookを買ったらまずは最初にやっておきたい、環境設定について紹介していきます。

ぶっちゃけ初期設定ではなかなか使いづらい部分や、作業効率がどうしても落ちてしまう部分があるので、今回ここで紹介する設定は個人的には必須だと思ってます。

トラックパッドの設定

MacBookといえばトラックパッドです。この設定をしっかりしておけば、マウスよりも数倍使いやすくなります。

「システム環境設定」から「トラックパッド」を選択します。

操作方法を変更

まずは上記の画像の矢印の3種類の設定を変更しておくのがおすすめです。

  1. 「調べる&データ検出」→3本指でタップ
  2. 「副ボタンのクリック」→2本指でクリック
  3. 「タップでクリック」→解除

これらの設定を変更しておくと、何かわからない単語があった時にはそっとその単語の上でそっと3本指でタップするだけで調べることができます。

また、マウスでいう右クリックのような役割は、2本指でのクリックで操作できます。

そして最後の、タップをクリックとしても使用できるという設定なのですが、個人的には誤操作が増えてしまうので、オフにしてあります。

続いて、操作感の設定を変更【最重要】

個人的には一番重要な設定部分です。

これを変えてしまったらもう元には戻れないと感じるはずです。

先ほどの「トラックパッド」の設定内で、クリックと軌跡の速さを変更しておきましょう。

クリックは、弱くても反応するように設定しておいたほうが、長時間操作する際に非常に楽です。

また、最重要なのは軌跡の速度です。

これは、好みに合わせて変化させて欲しいのですが、初期設定だと遅すぎます。

どう考えても作業効率が落ちまくって、ストレス溜まりますので、上記の画像程度に速度をあげておきましょう。

MacBookの名前の設定

続いてはMacBookの名前の変更です。

Airdropを使用する際などに、他人に表示される名前なので、しっかりと変更しておきましょう。

「システム環境設定」→「共有」へと進みます。

今回は、サンプルのために「あああのMacBook」となっていますが、ここはお好みに変更しておきましょう。

ちなみに私は普段は本名の下の名前を設定してあります。

メールアカウントの追加

メールアカウントの設定も、今のうちに済ませておきましょう。

Gmailなどを使用している方であれば、ここでGoogleアカウントを設定しておけば、スケジュールなども自動的に同期してくれます。

「システム環境設定」→「インターネットアカウント」へ進みます。

ここで、iCloudや、Googleアカウントなど、使用しているアカウントは全て紐づけておきましょう。

Dockを自動的に表示非常時にするかどうか

MacBookといえば、上記のようなアイコンがずらっと並ぶのが印象的ですよね。

ですが、ネットを見ている時や、動画を見ている時などには、表示してほしくないという人も多いと思います。

そういう人は好みに合わせて、自動表示にするかどうかを設定しておきましょう。

「システム環境設定」→「Dock」へ進みます。

ここで、「Dockを自動的に表示/非表示」を選ぶことができます。

私はここのチェックを外してますが、この設定だと

デスクトップ上では常に表示されている仕様になっています。

ウイルスソフトの設定

MacBookのセキュリティは硬いとはいえ、最低限のウイルスソフトは入れておいた方が良いでしょう。

created by Rinker
トレンドマイクロ
¥12,213
(2020/02/24 02:55:04時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
トレンドマイクロ
¥6,394
(2020/02/24 02:55:05時点 Amazon調べ-詳細)

定番どころですが、ウイルスバスターは設定も簡単ですし、定期的に行ってくれる自動スキャンも非常に優秀です。

1年版だと少し割高になってしまいますので、3年版で購入するのがベストでしょう。

バッテリーの%を表示する

まずはどこでも良いので、画面上部にマウスを合わせ、上記のようなタスクバーを表示させます。

そこで、バッテリーのマークを押します。

「割合(%)を表示」にチェックボタンをつけておきましょう。

ディスプレイのNight Shiftモードを設定する

iPhoneユーザーであれば、馴染みの深い機能だと思いますが、夜間になると自動的に目に優しいモードに変更してくれる「NightShiftモード」を設定しておきましょう。

「システム環境設定」→「ディスプレイ」を選択します。

「NightShift」タブに移動し、上記の赤枠の部分の設定を自分の生活リズムや、好みに合わせて変更しておきましょう。

結構このモード有る無しでは、長時間作業していると目の疲労度に差が出てきます。

キーボードのキーのリピートを早くする

これもかなり重要なポイントです。

この設定をしておくと、削除キーを押したときに、文字を一瞬でたくさん消すことができるので、作業の効率化に繋がります。

「システム環境設定」→「キーボード」を選択します。

そこで、上記の赤枠内の「キーのリピート」の速度をあげておきましょう。

ユーザー辞書によく使う文章を登録

同じく先ほどのキーボード設定で、「ユーザ辞書」のタブへ移動します。

この画面で、右下の「+」ボタンを押して、よく使う定型文などを登録しておきましょう。

私が設定している例をあげておくと、こんな感じです。

  • あどれす→自分のメールアドレス
  • じゅうしょ→自分の住所
  • おつ→お疲れ様です。

などなど。

個人的によく使う文章や、定型文を登録しておくと便利です。

MacBookを買ったらまず入れるべきアプリ編

ここからは、まずはMacBookを買ったら最低限入れておくべきオススメのアプリをご紹介します。

Google Chrome

まずはど定番ですが、Google Chromeです。

こちらの公式HPからダウンロードすることができます。

iPhoneユーザーだと、Safariに慣れている方が多いのですが、パソコンなら圧倒的にChromeの方が使いやすいです。

スマホ版Chromeだと使えない拡張機能も、パソコンであればいくらでも使えます。

興味がある方は、「Chrome 拡張機能」とかでググると、たくさん出てきますので調べてみてください!

デフォルトのウェブブラウザを変更する

Chromeをダウンロードしたら、デフォルトブラウザをChromeに変更しておきましょう。

iPhoneだと、デフォルトブラウザはSafariに固定されていますが、しっかりと変更できるのがMacBookの良いところですね。

「システム環境設定」→「一般」を選択します。

「デフォルトのWebブラウザ」というタブがあるので、こちらで変更しておきましょう。

AppCleaner

AppCleanerは、こちらのサイトからダウンロードすることができます。

このアプリは、ダウンロードしたアプリを削除したいときに、簡単に消せるようになるアプリです。

Macでインストールしたアプリを通常の方法で削除する場合、関連フォルダは削除されずに、残ってしまうことがあります。

でもこのソフトを使うことで、簡単に綺麗さっぱりアプリを消すことができます。

必ず入れておきましょう。

Oficce365

ど定番ですが、Officeシリーズです。

Macにも最初からPagesやNumberのような、いわゆるMac版の「Word」や「Excel」なども入っていますが、やっぱりワードなどが大学や仕事で必要という人も多いと思います。

そういう方は、早い段階でダウンロードして入れておきましょう。

Kindle

Kindleで電子書籍を読む方は必須のアプリですね。

私自身はKindle端末(paperwhite)を持っており、普段はそちらで読むのですが

たまにパソコンで作業しているときにふと読みたくなった場合や、ブログ記事を書く際に引用するために参照したいときなどはパソコンでもKindleを読みます。

もちろんMacBookもKindle端末もスマホもすべて自動で同期してくれるのでかなり便利です。

※まだ電子書籍を使ってない!という方はかなり損してます。まじでKindleにすると、人生変わるので、おすすめです。

ぜひ興味ある方は、【kindle端末の選び方】Paperwhiteの8GB、広告なしモデルを購入【保存版】も読んでみてください。

LINE

パソコン作業が多くなると、いちいちスマホでLINEの返信もだるくなります。

あとはスマホを無くしたときにもすぐにパソコンで連絡が取れるので安心です。

XMind

なんとなく内容が恥ずかしいのでモザイクを入れてますが、上記のように簡単にマインドマップが好きなように作成できるアプリです。

僕はこれを使って日々やるべきことのタスクを管理したり、ブログ記事の構成を練ったり、夢や目標の整理などを行っています。

何にでも使える無料アプリなので、入れておいて損はないと思います。

まとめ:MacBookを買ったら、自分の使いやすいようにすべし!

MacBookを持っている人は最近はかなり増えてきましたが、自分に合う設定は人それぞれです!

今回は、あくまで私自身が気に入っている設定や、アプリを紹介したまでです。

なので、今後使いこなしていくうちに、ぜひ自分にあった設定方法や、アプリを見つけて行ってください。

MacBookを買ったばかりの人の参考になったら幸いです!

それではっ!