考え方・生き方

敷かれたレールに乗って生きるってそんなに悪いこと?

サル君
サル君
どうもこんにちは。サル君です。 (@sarukun_blog)

この本を読んで感じたことや、思ったことを記事として幾つか今までも出しているのですが、最近こんなツイートをしました。

私は今、俗にゆう大手企業で働いており、そこそこ高校受験や大学受験は頑張ってきました。

でも今はその傍らでブログを書いて収益化を目指したりTwitterなどのSNSでの発信活動を行っています。

サル君
サル君
「敷かれたレールに乗ってるだけで人生楽しいのか?」みたいなことを言われることが多いので、それについて今日は思ったことを書いていこうかな!と思っています。

敷かれたレールに乗るのも別にいいんじゃ無いのかなあと。

私の考えの結論から言うと、敷かれたレールには乗るのはそんなに悪いことなんじゃ無いのかなぁと。

日本では高校受験も大学受験でも、そこそこの努力をすればそこそこの学歴を得ることができますよね。

家庭の経済的な環境によって塾などで高等な教育を受けれない!

なんて人もいると思います。

実際に生まれた経済環境と、学歴は相関しているという統計データもありますし。

サル君
サル君
なので否定はしませんが、東大に行くべきだ!って言ってるわけじゃないですよ。自分も絶対東大になんていけないんで。笑

でも、高校授業料無償化の制度や、奨学金制度が充実している日本では、先ほども言いましたが、そこそこ頑張ればそこそこの大学にいくことは可能だと思います。

そして就職活動でもそこそこの大学へ行って、そこそこの努力で世間一般で言われる大企業に就職することができますよね。

なので、こういった制度や環境的に比較的にちょっとの努力で乗れるレールがあるなら乗るべきだと思います。

ただ、やりたいことがあって色々なことに挑戦することや、大企業以外への就職への批判を一切しているわけではありません。

サル君
サル君

私自身も就職以外の道を考えたこともありますし、ベンチャー企業などにも魅力を感じて就職活動を行っていました!

ただ、安定志向は悪!もっと挑戦しろ!みたいな簡単な批判は違うのかなって思っているんです。

もちろん危機感を感じずに会社にぶら下がっている状態はかなり危険だと思う

確かに、大企業に入って、自分が成長できているのかどうかもわからない。

または、とりあえず毎日出社しておけば毎月お金が振り込まれるから…

みたいな思考だと、危険だとは思います。

それに関して私自身も反省すべきところがたくさんありますし、今かなり危機感を感じている状況です。

業務時間外にいかに自分の市場価値を上げることができるのか。

サル君
サル君
そういった思いがかなり強いということもあって、今現在もブログを書いています…

強くてニューゲームが可能

例えば、何かを挑戦して挫折したとしても、その経験値自体は資産となるので、次に再スタートする時には

サル君
サル君
何回も挫折して挑戦を繰り返していく中で、次の挑戦時には強くなってる!

みたいな考え方です。

なので、挑戦することって基本的に、その方向性が大きく間違っていたりしない限りプラスの方向に働くと思っています。

でも挑戦したいことややりたい事があるのに挑戦しない人っていう人は、根本として理由があると思います。

それは、「恐怖」や「不安」だと思います。

サル君
サル君
独立した時にお金がなくなったらどうしよう、新卒で就職を逃したらどうなるか、職歴がない状態で独立に失敗したらどうなるんだろう

こういった感情がメインだと思うんですが、これらを払拭してくれるのが、レールに乗っている状態だと思います。

レールに一度乗ってしまって、そこから乗り換えたり、途中下車したりしてもいいと思います。

バスでどこか行ってもいいですし、飛行機で遠くまでいってみるのもいいと思います。

日本の交通インフラを考えて貰えばわかると思いますが、大抵の場所は公共交通機関で移動できますよ。都内の電車は2〜3分で次の電車が来ますよ。

こんなに電車あるのに、一切利用せずに田圃道をひたすら走るんじゃ勿体無い。

自分のスキルや市場価値を高められる場所に身を置きつつ、色々なことにガンガン挑戦していくのがいいのかなぁ

ってすごい思います。

可処分所得を増やして自分に投資するべき

ここまで話してきましたが、私はいい大学や大企業に就職する事が唯一の正解だとは一切思っていません。

いろいろな考え方があっていいと思います。自分も今は模索中です。

おそらく私自身の考え方も今後ガンガン変わっていくと思います。

ただ、大企業の方が一般的に福利厚生が手厚く、純粋に給料以外の部分でも支出が減る仕組みが多い場合が多いですよね。

また、給料も高いのが一般的なイメージだと思います。となると、必然的に使える額、可処分所得が増えますよね。

サル君
サル君
そのお金を使えば本やセミナー、今ではオンラインサロンなどへの自己投資が可能になって、より一層自分の収入源を増やしたり、収入そのものを上げる事が可能になる場合もあります。

何より、先ほど説明した挑戦を阻んでいる「お金に関する恐怖」がなくなるわけです。

いくら起業したり、ネットビジネスで失敗しようが、雇われていることで一定の給料や生活は保障されているわけですよね。

この状態を作り出す事が、一番やりたいことを最終的に達成するために最短の距離になんじゃないのかなぁって思います。

恐怖をなくして挑戦し放題の環境を作り上げる!

まとめ
  • 敷かれたレールを安定志向と批判するのは御門違い。
  • 日本ではそこそこの努力でそこそこ学歴と就職先にありつける。
  • そこで働いている限り、お金の不安はある程度なくなる。
  • そのお金で自己投資に費やす事ができる。
  • 何かに挑戦したいときも、毎月振り込まれる給料が保障となって挑戦しやすい環境が出来上がる。

こういった考えを持ち始めたのも、私自身色々な本を読んだり、色々な人に出会い、発信活動を始めてからの環境のおかげです。

正直な話、就職先を決める時にここまで考えていたわけではありませんし、今でもどうなるかわかりません。

ですが、就職しながら収入を投資して資産へ変えていくというのが大事だなと最近ふと思ったので、こういった記事を書きました。

考え方って色々変わるので、何が正解かはわからないですね。

とりあえず、今僕はレールに乗りつつも、色々な挑戦を全力でしていきたいなと思ってます!

サル君
サル君
それではっ!