留学全般

イギリス語学留学は夏休みなど長期休みに行くのはやめた方がいい理由

どうもこんにちは。 サル君です。 (@sarukun_blog)

悩み人
悩み人
大学の夏休み、暇だし短期で語学留学でも行こうかな…

こんな方に向けた記事になっています。

タイトルでは長期休暇にイギリス留学などの欧米留学にいくべきではない。と書きましたが、絶対に行ってはダメというわけではないです。

いくつか注意して学校や地域を選ぶべき!という意味で、この記事を書きました。

結論から言うと、学校や地域によっては、長期休暇の留学が無意味になる可能性があります。

夏休みや冬休みなどの長期休暇は、中高生が大量に学校へ来る可能性がある。

もし、夏休みなどの長期休暇にイギリスなど欧米諸国への短期留学を考えているのであれば、他国からの学生受け入れをしていない学校を選ぶべきです。

サル君
サル君
夏休みになるとドイツやスペインなどのヨーロッパ圏の国の中学校が、海外学習や英語学習の一環として、修学旅行みたいな感じでイギリスの語学学校にたくさんの学生を送り込みます。

これをメリットと捉えるかどうかは、人それぞれかもしれませんが、そもそも学校のプログラムの一環としてきている生徒が多く、そもそも英語力の向上に興味のない学生が多いです。笑

そもそも中高生でみんなで海外にいくってなったら友達と遊ぶことが一番楽しいですし、それがベストだと思います。

なので、せっかく留学に行っても、すでに仲良しのグループが完成している中高生の友達の輪に入るのは厳しいですよね。

そして騒がしい中の授業に集中も難しいと思います。

私はイギリスへ1年近く留学に行っていたので、夏休みも当然経験したわけですが、私の行っていた学校は、近隣諸国からの学生受け入れを行っていたので、夏休みあたりの期間は学校がお祭り騒ぎでした。笑

サル君
サル君
騒がしくて楽しいですけどね!2〜3週間目くらいからは勉強に集中させてくれ!ってなってました。笑

なので、まず一つ注意して欲しいのは、その学校が中高生受け入れをしているか確認する。ということでした。

欧米留学に関しては以下の有名どころのエージェントに確認してみるのが一番だと思います。

観光メインの留学になる可能性がある。

サル君
サル君
1ヶ月とかの短期留学を目指している人は、目的設定をしっかりして、自分を律する必要があります。

やっぱり1ヶ月という限られた期間だと、英語力の伸びにも限界はありますし、観光地が多い地域だと、1ヶ月じゃ全部回りきれない!ってことも結構あると思います。

なので、しっかりと目標を明確に作っていく必要があると思います。

  • 帰国後はTOEIC600点以上をとる。
  • あそことあそこだけは絶対に観光する
  • 友達は10人以上作る

なので、そこそこ観光もしながらも英語力をしっかり伸ばしたいというのであれば、もう少し長い期間(3ヶ月以上)に欧米留学にいくのがベストだと思います。

どうしても1ヶ月しか時間は取れないけど、本気で英語力を伸ばしたい!という方には確実にフィリピン留学がお勧めです。

フィリピン留学なら下記のフィリピン留学を専門に扱っているエージェントに頼ってみるのが一番安心だと思います。

詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

費用がどうしても高くなる。

サル君
サル君
「金額なんて気にしない!」って人は、とりあえずこの章は飛ばしてもらって大丈夫でです。笑

これはおそらく皆さんが覚悟していることだと思いますが、留学にいくための航空券や、宿泊先などが長期休暇では非常に高いです。

閑散期の2倍から3倍ほどの値段になる地域も少なくないです。

なので、根本的な費用が高くなりますし、夏休みとかになると現地でもいろいろなイベントがやっていたり、夏だとどうしても遊びたくなりますよね。

なので、それ以外の生活費も他の時期に行くよりも多く用意していく必要があると思います。完全に節約して家からほとんど出ずに、英語の勉強のみに注力する!みたいに自分を完全に律することのできる人は大丈夫だと思いますが。笑

まとめ:長期休暇に留学行くなら、しっかりと学校選びや、目的を意識しよう

まとめ
  • 学校を選ぶときは、中高生受け入れの有無をエージェントなどを通して確認しよう。
  • 目的をしっかり設定してからいくべし。
  • 費用が高くなることは覚悟しておこう。
  • 費用を抑えたい、短期間で英語力を伸ばしたいならフィリピン留学がお勧め。

って感じで、やっぱり長期休暇はいい面も悪い面もあると思います。学生時代の思い出の一環としてはかけがえのないものになると思いますし、本当に留学は人生を変えてくれます。

それは長期だろうと短期だろうと変わらないと思ってます。

でも、少しでも有意義な留学生活を送って欲しいと思ったため、個人的に注意して欲しい点を記事にしてみました。ぜひ参考にしてみてください。

最後にお勧めのエージェントをまとめておきます。