フィリピン留学

フィリピン留学の1日のスケジュールを細かく紹介します【平日はかなりスパルタです】

サル君
サル君
どうもこんにちは。サル君です。 (@sarukun_blog)

フィリピン留学に行こう!って考えてる人は色々下調べをしっかりして、スパルタな学校が多いということをわかっている人が多いと思います。

私自身もスパルタということで、勉強を沢山して英語力を伸ばす!

と決めて留学を決意しましたが、実際には遊びも全力で楽しみたいと考えていました。

学校のHPには良く1日のスケジュール例が乗っていることが多いですが、あまりイメージが膨らまずに行く前に私も不安だったのを覚えています。

なので今日は実際にこんなことを具体例と共に書いていこうと思います。

  • 実際にはどんなスケジュールなんだろう?
  • 起きてから寝るまで詳しくイメージしたい!
  • ご飯とかはどうしているの?

もちろん行く学校や何人部屋に住んでいるか、等によっても変わってきますけどね!

 土日のスケジュールについてはこちらをどうぞ!

 【体験談】フィリピン留学の土日の有意義な過ごし方【土日も有効に使わないと後悔します】 こんな方へオススメです。 授業のない日はどんなことをしている人が多いのか知りたいとか、土日のスケジュール例が知りた...
フィリピン留学完全マニュアル

フィリピン留学のことについて全てまとめた記事もありますので、全て知りたい方はこちらも合わせてどうぞ。

フィリピン留学の完全マニュアル【費用・持ち物・評判・学校・体験談】

起きてから授業が始まるまで

f:id:sarukun-blog:20190309145609j:plain

朝は基本的に6:30か7:30には起床していました。

私は4人部屋に住んでいたのですが、朝のシャワーは日課でしたし、歯磨きや洗顔などの洗面台の混雑を避けるためにも少し早起きしていましたね。

そしてその後ルームメイトと一緒に食堂へ行き、バイキング形式の朝食をとっていました。もちろん、朝ごはんは必須ではなく、ルームメイトの中にも朝起きれずに朝食を食べない人もいました。

そして私はGeneralEnglishコースという一般的な英会話コースを選択しており、8:00〜通常授業が始まります。

しかし、7:30〜約30分間の希望者のみが受講できる授業があり、貪欲に英語を伸ばそうと思っていた私は、よっぽど眠い!今日はもう少し寝ていたい!と思う日以外は受講していました。

実際の授業(午前中)

8:00〜は実際に授業が始まります。

私の学校では、50分間の授業と10分間の休憩で1時間が構成されていました。

なので、合計で昼食までに4コマの授業という計算になりますね!

授業は「リスニング」「スピーキング」「発音」「リーディング」「ライティング」などに分かれています。

その中で月初めに一人一人に時間割が配布され、それに従って教室へ向かいます。

ほとんどの授業がマンツーマン(スピーキングやライティングのクラスは生徒同士でのコミュニケーションが必要なため、2〜4人のクラスで構成されていました。)なので、一人一人時間割が違うんですね。

昼食

f:id:sarukun-blog:20190309145923j:plain

いよいよ12:00〜昼食です。

私が行っていた学校では無料で食べれるバイキング形式の食堂の他に、カフェテリアという形で、お金を払って昼食を食べることのできる場所もありました。

そこは景色のいいテラスで食事をとることができたので、天気のいい日なんかはお金を払って昼食を買ってでもそこを利用してましたね!

もちろん大半は授業料とともに食費も払っているので、食堂で食べることが多かったです。

食堂では自分で好きな食事を盛ったあとは、仲のいいバッジメイトと食事をしていました。

ここで週末の計画や、授業終わった後の計画なんかを話します!一番仲良くなれるタイミングはここかも知れませんね!

※バッジメイトとは、同じ時期に入学した同期の生徒のことです。最初のオリエンテーションを受ける時や、スピーキングのクラスで一緒のことが多いので、一番仲良くなる可能性が高いです。

 

実際の授業(午後)

食事が終わって少しばかりゆっくりしたら早速午後の授業の開始です。

先ほどの午前の4コマと午後の4コマの合計8コマのうち、どこかの1コマが休みになっているので、1日の通常授業は合計7コマ分受講していました。

その1コマでは、カフェテリアや食堂、空き教室で自習や宿題をすることもあれば、同じタイミングに空きコマがある生徒と団欒することが多かったですね!

私の学校では部屋のクリーニングサービスという形で部屋の掃除を無料でお願いすることができたのですが、盗難などの事件防止の為、掃除をしてくれる方がいる間は部屋に誰か1人が居なければなりませんでした。

なので、空きコマではそういったサービスを使う日なんかも月に1〜2回はありました。

授業が終わってから夕食後まで

f:id:sarukun-blog:20190309150034j:plain

ここからはついに自由時間です!ここをいかに使うかが、英語力の伸びや楽しさに大きく影響してきます!

もちろん自由時間の使い方は毎回同じではないので、3パターンほどご紹介します。

ちなみにですが、夕食は18:00〜19:00まで自由解放されており、17:00に授業が終わった後も希望者のみ受講可能な授業が17:00〜18:00にありましたが私は受講していませんでした。

理由としては、予習・復習をしっかりしたいということでした。

授業を受講したからといって英語が伸びるわけではないので自習の時間もすごく重要ですね!

 

授業終わったしスポーツして汗を流したい!な日

食堂で夕食をとった後に、グラウンドでみんなでアクティビティを行うことが多かったです。

私が行っていた学校では施設がかなり充実していました。

  • バスケットコート
  • ゴルフ練習場
  • ジム
  • ヨガルーム
  • ビリヤードや卓球台 

私は基本的にはバスケットコートでバスケットをしたり観戦することが多かったです。

基本的には全員ウェルカムなので、私はバスケットが大の苦手なのですが、すぐに仲良くなれます。毎日参加メンバーなども違うので、そこも楽しみの一つでしたね!

今日はまだまだ全力で勉強するぞ!な日

予習復習に時間をほとんど捧げるパターンです。

毎日ではなかったですが、このパターンが一番多かったかなと思います。

夕食を友達ととった後は自室かもしくは自習室にこもってひたすらシャドーイングやディクテーション、単語の暗記などを行っていました。

基本的に意識が高い生徒が多いので、平日はこういった生徒が多いのも特徴です。

今回は平日のスケジュールなので詳しくは書きませんが、「遊ぶ時は遊ぶ!」って人が多かったので、金曜日の夜や土日は本気で遊び倒す人も多かったですし、私もそうしていました。

何事もメリハリが大事ですね!笑

外でご飯食べに行って買い物とかするぞ!な日

私の学校はちょっと街の中心部あら離れていたので、移動にはタクシーが必要なのですが、タクシーを利用して中心街に行って夕食をとることもありました。

3〜4人で行けば1人100円未満でいけるのでそんなに気にせずにタクシーはガンガン使ってました。

そして夕食をとった後はショッピングモールなどで必要なものを買ったりします。

シャンプーやトイレットペーパー、文房具などですね。後はお菓子!これが勉強中に大事です。

基本的には時間が多くある土日などに済ませることが多かったのですが、平日でも買い物に行くことがあるよ!ということでこのパターンもご紹介しました。

消灯、そして寝るまで

f:id:sarukun-blog:20190309150141j:plain

いよいよ1日の終わりに近づいてきました!が、スパルタなフィリピン留学では終わりではありません!

アクティビティの後にも勉強をすることもありましたし、私はナイトクラスというのを受講しており、22:00〜23:00にも授業がありました。

今思うとスパルタ過ぎる気もしますが、楽しすぎて全く苦ではなかったですね。笑

私は前述した通り4人部屋に住んでいたのですが、就寝時間に関しては特にルールは定めていませんでした。

部屋の構造上、周りが寝ていても自分の机で電気をつけて勉強しても迷惑になりませんでしたし、自分のベッドでスマホをいじったりなど完全に自由に生活を行っていました。

ですがやっぱり次の日も早いです。みんな24:00、遅くとも夜中の1時には寝てましたね!

ただし、日本にいる家族や友人に電話するときには部屋を出て食堂などの共有スペースで行っていました。

学校の地域やルールによって変わってくる

f:id:sarukun-blog:20190309150318j:plain

以上がフィリピン留学での一般的な平日の過ごし方でした!

いかがだったでしょうか?

私の体験談を聞いて面白そう!と思った方はこの記事で学校について紹介してるので覗いてみてくださいね!

まぁこのフィリピン留学ではこの学校しかもちろん行ったことがないので直接比較はできませんが、体感としてはとってもオススメな学校です。

(本当にこの学校から宣伝費をもらっているとかでは一切ありません。笑)

ですが、留学の目的は人それぞれだと思います。

学校のHPだけで判断せず、絶対にしっかりと口コミなども確認した方がいいです。

また、エージェントが紹介してくれる学校の中には、実際にエージェントの社員の方が一定期間通い、おすすめポイントなどをまとめている学校もあったりします。

なのでまずはSchool Withなどで無料相談に行ってどんな学校があるのかを知ることをオススメします。

私はエージェントでとりあえず無料相談をして、条件を提示し、いくつかの学校を教えてもらいました。
その後家に帰ってインターネットでひたすら口コミやHPを検索して決めたのを覚えています。

なので、実際に無料相談に行く際に学校を紹介してもらった際には、その部分も併せて聞くことをお勧めします。

 

フィリピン留学に悩んでいる方や、もう行くことが決まって不安と期待に揉まれている方のご参考になれば幸いです!

留学前や留学中にするべき英語の勉強とすべきでない勉強 今回はフィリピン留学や、語学留学を決心したあなたが 留学前に勉強すべきこと 勉強すべきでないこと をご紹...
フィリピン留学完全マニュアル

フィリピン留学のことについて全てまとめた記事もありますので、全て知りたい方はこちらも合わせてどうぞ。

フィリピン留学の完全マニュアル【費用・持ち物・評判・学校・体験談】