読書・学び

5分で分かる『金持ち父さん貧乏父さん』①お金持ちはお金のために働かない!

サル君
サル君
どうもこんにちは。サル君です。 (@sarukun_blog)

今回は世界的ベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」の中の「第一の教え、お金持ちは金のために働かない」について、読んで感じたことや考えたことについて私なりの解釈でアウトプットする意味でこの記事を書いています。

私自身が考え方を大きく変えられた部分について詳しく引用しながら自分の考えや行動をした部分をお届けしているので、書評とはまた違う記事になります。

 

疑う人
疑う人
金持ちと貧乏な人の違いはなんなの?サラリーマンじゃダメなの?

 

と思っていた過去の自分に向けて、やさしく解説をするつもりで書きますので、似たような考えを持っている方でしたら

サル君
サル君
新しい価値観を得るという意味でも、気が向いたら読んでみてください。
5分で分かる『金持ち父さん貧乏父さん』②「資産」と「負債」の違いを正しく知ろう 今回も前回に引き続き、世界的ベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」の「第二の教え:お金の流れの読み方を学ぶ」についてお届けしよう...

そもそも多くの人は「ラットレース」から抜け出せていない

この本では度々「ラットレース」という言葉で表現されていますが、その状況から抜け出せていない人がほとんどであるということです。

ラットレースとは何か。

金のために働き続けるということです。

給料が上がっても欲望は絶えず必要になるお金も増えていく一方でこの無限ループから抜け出せていない状況のことですね。

私は今現在、サラリーマンとして「お金のために」働いています。

お金がなければ不安ですし、インターネットが使えなくでもなったらもう生活できません。

体を壊した時には病院に行くお金も薬を買うお金もない。そんな状況では今現在仕事を辞める勇気はありません。

おそらく、多くの人がそうだと思います。

そうした状況を打破するためにも、どうなるかはわかりませんが、アクションを幾つか起こしました。

経験を文字通り「資産」にすること

若い頃の経験は人生の資産だ!なんてことをよく聞きますが、私はそれは本当に文字通り「お金の価値」のある資産であるのではないかと最近考えるようになりました。

私は3カ国への留学経験があり、営業マンとして働いています。

でも、留学をしたことがない人、営業マンではない人や営業マンになりたいと思っている人。

この「情報」を求めている人が少なからずいるのではないのかと考えました。

何かをインターネットで調べるときは自分の悩みを解決してもらうためにすることが多いと思いますが、必ず100%自分が求めていた答えが載ってない!と感じたことは誰にでもあるはずです。

そのため、留学経験者や営業マンによるブログなんてものはおそらくいくつもありますが、他の人のブログではなく、私だけの体験談や考えに対しても価値があると考え、ブログを始めました。

サル君
サル君
もちろんブログを始めた理由はそれだけではないですけどね!

お金を働かせてお金を作る努力

本題の第一の教え「お金を働かせてお金を作る」ということですが、私は最初、全く理解をすることができませんでした。

なので、まだ現段階では正しい解釈なのか、正しい行動であるのかはわかりません。

ただ、読んだ後に私が考えたことは、稼いだお金を投資するということでした。

ここでいう投資とは、長期的に見て、それがより多くのお金をもたらしてくれるものに対してお金を使うという意味です。

例えば、私は今までサラリーマンとして働いた給料で、少し高めの外食に行ったり、欲しい服を買ったり、または好きな人と出かけたり。

色々な使い方をしてきました。もちろんこれからもそういう使い方はしていきますし、悪いことだとも今も思っていません。

ただ、美味しいものを食べた喜びや好きな服を買ったことに対する喜びは長くは継続しません。なのでもっとお金が欲しくなり、いいものを求める。

これではラットレースからは一生抜け出せないと思いました。

そのため、私は今お金を「長期的に自分に利益をもたらしてくれるもの」に対して多く使うことを心がけています。

本を買うというのももちろんそうです。自己投資。

あとはブログの運営費などもお金がかかっていますが、それはさっき言った通り、自分の経験や知識を長期的に見て資産化する手段の一つだと思っています。

本を購入して読んだところでお金は減るだけですし、現段階でブログでも稼ぐことはほとんどできていない状況ですが、いずれ資産形成になると思い、挑戦しています。

これが私がまず始めた新しいお金の使い方と行動でした。

タダ働きでも、その中で得れるものを探す

この見出し文は、本書の中でも出てくる言葉です。

このブログ自体は、資産化するためにやっていると言いましたが、仕事ではないですし、趣味としてやっている部分もかなり大きいです。

ですが言い方を変えれば毎日何時間も費やして記事を書いているわけですから、「タダ働き」とも言い換えることができます。

その中でも、直接的なお金以外にも得れるものがたくさんあることに気がつきました。

  • ライティングスキル
  • 営業としての対象層を具体化する能力
  • アウトプット能力
  • ブログやSEO関係の知識
  • 自分のブランディングや発信力

例をあげればキリがないですが、上記で身につけたスキルなどしっかりと身につけを活用していけば、また雇われる以外の方法で新たにお金を生むことができるようになるのではないかと考えています。

ブログのためにパソコンを購入したことや独自ドメインの取得などにかかった費用、そして今現在のこの記事を執筆している時間は、将来的にお金を生み出す仕組みを作るための投資であると考えて行動しています。

稼げない可能性もありますし、失敗してもリスクの少なく、初期投資額の低い、こう言ったブログを始めました。

が、もっともっとお金を生み出すための仕組みづくりを大きくしていく方法を考えている途中です。

結局何が言いたいかって!

金持ち父さん貧乏父さん』は世界的ベストセラーでほとんどの人が名前くらいは聞いたことがあると思いますので、書評やあらすじなんかは調べればいくらでも出てくると思います。

なので、実際に私がこの本を読んで、考え行動したことなどをご紹介してみました!

私は「サラリーマンとして将来的に家族を養うために給料を多く稼ぐ」としか考えてこれなかった視野の狭い人間だったので、かなり得るものが大きかったです。

普段からお金の正しい使い方について考えている方にとっては、当たり前だろと思うかもしれないので、無理にお勧めはしません。

ただ、今回紹介したのはこの本の6つある教えのうちのたった1つについて書きました。

1つの教えからこんなにも学べることが多いのは衝撃的でした。

興味ある方や、私と似たような考えを持っていた人は一読して損なしです。

サル君
サル君
それではっ

本を1ヶ月に2冊以上読む人ならKindleUnlimitedがおすすめ

本を毎月1冊は読むかなぁなんて人には月額980円で様々な電子書籍や雑誌などが読み放題になるKindleUnlimitedがおすすめです。

初回30日間は無料で試すことができるので、とりあえず試すだけ試して、不満足だったら解約なんてのもありだと思います。

約31万冊も色々な雑誌や本を読むことができます。

何が良いって読める本に関してもどんどん入れ替わるので、話題の新書なんかも結構読めたりします

サル君
サル君

それらが一定期間でどんどん入れ替わるので、1ヶ月に1冊以上は本を読むって方なんかは、まじでおすすめです。