読書・学び

5分で分かる『金持ち父さん貧乏父さん』③自分のビジネスを作る!

サル君
サル君
どうもこんにちは。サル君です。 (@sarukun_blog)

今回も世界的ベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」の中の「第三の教え:自分のビジネスを作る」ついて、読んで感じたことや、自分の状況に当てはめてどうしていくべきかを、本の内容を少し引用とご紹介をしながら、アウトプットする意味で書いていきます。

なので、私自身の解釈で間違っている部分もあるかもしれませんし、一般的な書評とは違う記事になります。

第一と第二の教えについての記事はこちらをどうぞ!

サル君
サル君
自分のビジネスをそりゃ作りたいけど何しよう、、、?

と思っていた過去の自分に優しく解説するつもりで書いていきますので、同じような考えや疑問をお持ちの方はの記事も本も是非読んでみてください。

 どんなことなら頑張れるのか?を軸にビジネスを考える

一番好きな資産を手に入れるように励ました。(中略)私が不動産を買い集める理由は、建物や土地が好きだからだ。

※金持ち父さん貧乏父さん 著:ロバート・キヨサキ シャロン・レクター 訳:白根美保子 筑摩書房 より抜粋 

ここで紹介されている資産とは自分の財布にお金を持ってきてくれるものですね!

例えば、アパートを購入して家賃収入を得たり、株式投資して配当を得たり。

となると、自分が働かなくても、他の要因(自分が作成したコンテンツや、雇った従業員)がお金をもたらしてくれるようなシステムということですね。

 

サル君
サル君
自分の頑張れることは何か?好きなことは何か?

 

ということを軸に考えてみると、私は昔から人前でスピーチやプレゼンテーションなどで、自分の意見や持論を話すことが好きでした。

それによって考え方を変えてくれたり、学んでくれることがとても嬉しいと思っていました。また、それ自身が自分の学びにもつながることを知っていました。

ということを考えてみても、可能であれば

サル君
サル君
ブログで自分の考えや、経験を発信していくというビジネスモデルを確立したい!

と未熟ながらに考えています。

ブログだけではなく、そこで発信力や影響力を上げていくことができれば、他人のコンテンツを紹介したり、自分自身のコンテンツを販売することでもっと大きな資産を形成することができそうですね!

 今の仕事を続けながら、ビジネスを構築する必要がある。

私は本当にやる気がある人でないかぎり、会社を起こすことを勧めない。会社を運営するのは大変だ。(中略)それよりも、今の仕事を続けながら、その一方で自分のビジネスを持つことを考えるべきだ。

※金持ち父さん貧乏父さん 著:ロバート・キヨサキ シャロン・レクター 訳:白根美保子 筑摩書房 より抜粋 

本書を読んで、本当に考え方は変わりました。

しかし、100%同意ができる部分だけではなく、未だに本当に正しいのか?と疑問に残る部分はたくさんありますが、本当に仕事を辞めてでも自分のビジネスを構築して金持ちになってやる!という勇気は正直ありません。笑

サル君
サル君
でも、自分のやるべきことは明確になってきた!

現在サラリーマンとして働いて得ている給料から、生活費などの消耗品や贅沢品への支出をできる限り減らして、その分のお金で、資産の購入です。

贅沢品の購入によってローンの返済に追われて余裕がなくなる前に、しっかりとブログをはじめとした資産を構築し、投資やお金に関する知識を身につけるための「書籍」や「環境づくり」に積極的にお金を使っていこうと思っています。

そうすることで次第に自分自身の知識が増え、お金の流れをもっと読むことができるのではないかと考えています。

仕事=ビジネスではないということは本書の中でも度々言われています。

つまり、私の職業は今営業マンですが、給料だけに頼らずに、自分のビジネスは他にある!という状況を目指して上記のアクションを繰り返していく必要がありそうですね!

なんで金持ちになりたいんだろう?

ここまで「金持ち父さん貧乏父さん」を読んできて、金持ちという言葉がなんども出てくるので、意識せざるをえませんが、なんで金持ちになりたいのかを少し考えてみることにしました。

ただし、ここでの金持ちでは現金で1億円持っている人のことではなく、現金で1000万円しか持っていなくとも、毎月でも毎年でも自動的にお金が入ってくるビジネスを自分で持っている人のことです。

もちろん贅沢なものを身につけて周りに自慢したいなどの気持ちもあります。

サル君
サル君
でも、一番は両親や身近な人に対して還元したい!

両親を含め、私にたくさんの投資を今までもしてくれていました。そのために今現在もこうしてパソコンの前で記事を書くことができていますし、ブログの記事として資産化するための人生経験も沢山させてもらってきました。

なので、私自身がラットレースにはまって時間的にもお金的にも余裕がなくなり、お返しができなくなる状況になる前に、なるべく資産を作ってそう言った余裕を作りたい。

だから本書を読んで、お金をたくさん持っている「金持ち」ではなく、資産をたくさん持っている「金持ち」になりたい。そうしてできた余裕で還元していこうと考えれるようになりました。

今まで贅沢の仕方を間違えていたことに気がついた!

アパートからの家賃収入としてよぶんなお金が手に入ったとき、私の妻は自分用のベンツを買った。その代金は「アパートが払ってくれた」わけだから、妻自身がよけいに働いたり、特に危険な投資に手を出す必要もなかった。

※金持ち父さん貧乏父さん 著:ロバート・キヨサキ シャロン・レクター 訳:白根美保子 筑摩書房 より抜粋 

私は普段車の購入とまではいかなくとも、何か高級な物を買うときには、それが自分自身の働くモチベーションの増加になるため、正しい投資であると考えていました。

サル君
サル君
これも間違いではないのかも。

ですが、何度も繰り返すことになりますが、それでは実際に会社から貰う給料が増えたとしても、それにつれて税金も引かれ、ローンの返済に追われ、より一層一生懸命働く必要があり、余裕が失われていくことになってしまいますね!

その回避のためにも、自分の給料をビジネスの構築や資産の購入に充て、それを継続的に行う事によって得た収入で、贅沢品の購入をする。

という順序でお金を使っていきたいと考えるようになりました。

ビジネスというと、今まではなんだか起業やら難しいことや、危険な事と考えがちで、今までは敬遠していました。

ですが、自分がその場にいなくても収益をもたらしてくれるような環境を作る。

という事をどうすればできるかを常に考え、日々勉強と自己研鑽を続けていこうと気づきを得ることができますね。

本書では今回紹介したのはほんの一部でもっともっと大事なことが書かれています。

そのため一度はご自身でも実際に手にとって読んでみることをお勧めします!

本を1ヶ月に2冊以上読む人ならKindleUnlimitedがおすすめ

本を毎月1冊は読むかなぁなんて人には月額980円で様々な電子書籍や雑誌などが読み放題になるKindleUnlimitedがおすすめです。

初回30日間は無料で試すことができるので、とりあえず試すだけ試して、不満足だったら解約なんてのもありだと思います。

約31万冊も色々な雑誌や本を読むことができます。

何が良いって読める本に関してもどんどん入れ替わるので、話題の新書なんかも結構読めたりします

サル君
サル君

それらが一定期間でどんどん入れ替わるので、1ヶ月に1冊以上は本を読むって方なんかは、まじでおすすめです。