考え方・生き方

【プロ無職】るってぃさんの自己紹介の動画を見て電車で大号泣。ありのままで生きよう。

サル君
サル君
どうもこんにちは。 サル君です! (@sarukun_blog)

プロ無職という別名を持つ、るってぃさんという方をご存知でしょうか?

フリーランサー界隈・ブロガー界隈ではかなりの有名人の方なので、知ってる方も多いかもしれません。

こちらのプロ無職というメディアも運営されている方です。

 

ブログやTwitterなど、発信活動を始めた時からずっと私はるってぃさんの存在は知っていました。

でも、たまたまYouTubeのオススメ動画にこちらの動画が出てきたので、何の気なしに見てみたところ、大号泣。

いやぁなんなんですかね、自分と重なる部分がかなり多かったからなんですかね…

あんまりこんなことはないのですが、なぜか鼻水が止まらなくなるほど泣いてしまいました。(笑)

速攻で途中下車してトイレへGO。

この動画が万人が感動する動画かどうかもわかりませんが

私にとっては共感できる部分が死ぬほど多く

動画内の一言一言が私の心に突き刺さりました。

わずか8分程度の動画なので、ぜひ見てみてください。

今見れる環境じゃない人はこのページをスクショするなり

メモするなり、家に帰ったタイミングでもなんでもいいので見て欲しい!!

今回は、この動画を見て私自身が感じたことや

改めて考えさせられた部分について書いていこうと思います。

私自身がこの動画に出会って感じた衝撃を文章として残しておきたいと思ったので、記事にします。

もし読んでいただける方がいれば、お付き合いください。

るってぃさんの自己紹介で心に刺さった4つの部分

泣きながらテレビを見る人のイラスト(男性・感動)

周りの同期が就職活動をしている中、留学を決意。

大学3年の就職シーズン。

周りの同期たちは、就職活動を始める中、僕はずっといきたいと思っていたNYに7ヶ月留学することを決めた。

英語も話せない、知り合いも一人もいないNYだったが、当時はそんなことよりも日本を早く抜け出したいという気持ちでいっぱいだった。

そして、NYでの留学生活で、たくさんの気づきがあった。

  • 人の目を気にせず、電車の中でも大声で笑う人々
  • 自分のスキルでお金を稼ぐ子供達
  • 対等な立場で話せる英語の世界

自分のこれまでの価値観を見事にひっくり返した。

まさに私と全く同じタイミングでの留学でした。

私自身もちょうど周囲が就職活動を始める瞬間に、ベトナムへのインターンシップへの参加を決意しました。

私が参加しようと思った理由はこんな感じ。

  • なぜ幸福度指数が世界5位、アジアで首位なの?
  • 日本の方が先進国だし、お金持ち多いよね?
  • じゃあ幸せってなんなの?

こういった部分に気づきたく、就職活動を始める前に突如ベトナムへのインターンシップへ参加すべく日本を飛び出しました。

その際に気づいた学びなんかはこちらの記事にまとめています。

【短期留学】ベトナムでの短期インターンシップは就活にどう使うのか【体験談】ベトナムに留学って最高。 巷では就職活動がお盛んなこの時期、毎年こんな就活生が現れます。 やばい!就活で話せることがない! 大学生活で人に自慢...

ただ、ここで気づきを死ぬほど得たのにも関わらず

そこでの学びを体現できるような働き方を今出来ているのか。

そんな生き方を今出来ているのか。

そう考えた時に、胸を張ってYESとは正直答えられないと思い、心に刺さりました。

自分が留学で学んだことをもう一度思い出そう。

そして、本当に今自分がやりたいことは何なのかを考え直そうと。

自分に自信を持て。自分がナンバーワンなんだ。

本当に海外のダンサーは上手くても下手でも自分が一番だぞという気持ちで、楽しそうに踊っている。

周りの評価や目を気にしながら踊っていた自分がアホらしく思えてきて、この時何かが吹っ切れた。

何をするにしても常に周りの評価を一番大事に気にしていた自分。

確かに、フィリピンで見たようなダンサーたちは

上手とは素人目から見ても言えないような人もいたが、

確実に心から楽しんで踊っている人がほとんどだった。

そんな中

自分は周りにどう思われているのか

これだけを意識しながら生きていた。

だからこそ、本当の自分の考えややりたいことを周りに正直に話すことができなかった。

何故ならば、バカにされるのが怖いから、笑われるのが怖いから。

でも、自分のやりたいことや夢、目標を周りに公言すれば、必ずその夢を応援してくれる人や、助けてくれる人が必ず現れる。

今も自分がブログやSNSでの発信活動を頑張っているということを仲の良い友人に

打ち明けたところ、応援してくれる人も増え、人脈もかなり増えた。

周りの目は気にせず、自分を信じよう。

自分ならできるんだと。

そう思わせてくれた、言葉。

周りの目を気にせず、好きなことをやり続けろ!結果は後からついてくる。

この留学で学んだことは大きく2つ。

周りの目を気にして、空気を読んで生きるのはやめる。

そして思いっきり楽しむことを追求すれば、結果は後でいくらでもついてくるということ。

今までもこれからも本気で自分が好きなことは何だろう?

そう改めて考えさせられました。

最近自分が本気で楽しいと思えるのは、ブログやSNSなどでの発信活動。

お金が全く稼げないにしても、この活動はかなり楽しいと思えてます。

正直、ブログやツイッターを本気で始める前はバカにしていた節がありました。

でも

自分の辛い過去や、それを乗り越えた経験はきっと誰かの役にたつ。

自分の当たり前は他の人への貴重な価値になり得る。

そう思えた時から、発信活動が大好きになりました。

今は結果が出なくとも、本気でやっていれば、結果は後からついてくる。

じゃあ今はがむしゃらに好きなことを全力でやってやろうとそう思えました。

これからは個人が力を持つ時代。周りの反対の声は気にするな。

これからは、絶対に組織で働くだけでなく、個人が活躍できる時代になる。

そう思い、会社を辞め、フリーランスとして、独立してみることにした。

めちゃくちゃいろんな人に反対されたし、バカにされたけど、

留学で周りの目を気にして生きるのはやめると誓ったし、楽しむことを追求すれば、結果は後でもいくらでもついてくるとわかっていたので、頑張れた。

今はインターネットによって、個人が力をもつ。

これはもう当たり前ですよね。大物YouTuberなんか見ればわかる通り、

個人が5億円とか10億円とか、稼ぎますよね。

発信力に関しては、大企業と同じかもしくはそれを上回る力を持つ時代。

今発信力を身につけておけば、必ず役に立つ。

典型的な例としては、現代ではクラウドファンディング。

あれなんかは、発信力や影響力などの、「信用」を、お金に変えてるわけです。

他にも、個人で発信力を身に着けることで、お金を稼いでそれで生活をしている人は

今現在死ぬほどいますよね。

今後大事なのは、貯金残高ではなく、周囲にどれだけ信用されているかが

一番大事な時代になる。

会社の肩書きを捨てた時に、自分はどこまでできるのか。

稼いで食べていける力はあるのか。

そういった危機感を感じたのが、このブログやTwitterを本気で始めた理由でもあります。

人生楽しむもんがち。でも、楽しみ方は人それぞれ。

人生は楽しむもんがち。最近は本当にそう思います。

人生楽しまなきゃ意味がない!

でも、実際楽しみ方なんて人それぞれですよね。

お酒を飲んでウェーイしてるのが楽しくて幸せの人もいれば

自分みたいに、何かをコツコツと努力してるのが、「辛い」という

感情ではなく「楽しい」と感じられる人もいるはず。

周囲の「楽しい」に合わせずに、自分自身の「楽しい」を追求していこうと思えました。

無理して、周りが楽しいと思うことを「自分も楽しいって思わなきゃ!」

なんて思う必要は一切皆無。

自分の「楽しい」を追求していれば、似たような人、賛同してくれる人、一緒に楽しんでくれる人、そして応援してくれる人。

そんな人たちが絶対現れます。

今はブログ以外にも留学中の経験でもそれを実感しています。

ここまで読んでくれた人ありがとうございました。

最後に動画をもう一度貼っておくので、興味がある方はぜひ見てください!!!