留学全般

留学中のホームシックは辛い!乗り越える対処法は?その原因も【体験談】

どうもこんにちは。

サル君です。 (@sarukun_blog)

  • 留学に来たはいいけどホームシックになってしまった、、、、
  • どうすればいいんだろう?何か対処法はないかな?
  • そもそも何でホームシックになるんだろう?

こんな疑問に、私が体験談とともに答えます!

私自身イギリスへ1年近く留学をしていましたが、何度も一時帰国したいと思うほどのホームシックになってしまいました。その時に乗り越えた対処法などを、具体的にご紹介したいと思います!

また、フィリピンやベトナムへも留学していたのですが、その際にはホームシックになることはなかったので

その両者を比較して何故ホームシックは起きてしまうのか?という点についても考えていこうと思います。

【原因】ホームシックはなぜ起きてしまうんだろう?

f:id:sarukun-blog:20190315161839j:plain

特に長期の海外留学では、日本の故郷や友人、家族などに会いたくなってしまい、現地での生活に支障が出てしまったり、毎日のように友人や家族に電話してしまうことがありますよね!

そうなると、日本で送っている生活とほぼ変わらないレベルにまでホームシックになってしまう人もたくさんいると思います。

導入部分でお話しした通り、私自身も何度もホームシックを経験しました!

そこで、ホームシックになると考えられる原因をしっかり理解することで、まずは対策をしましょう!!

環境や文化の違い

「環境や文化の違い」

これが一番多い理由じゃないでしょうか。

ホームステイやルームシェア、または一人暮らしなど、様々な様式で生活している人がいると思いますが、間違いなく日本で生活していた頃とは全く違う環境や文化の中で生活していることと思います。

私自身も一番はこれが原因でした。

ホームステイとルームシェア両方経験しましたが、ホームステイの時には

なかなかホームステイ先の家族に馴染むことができず

食事以外では部屋にこもってしまうことが多くなってしまっていました。

私のホームステイ先には小さい子供がいたのですが、なぜかすっごく嫌われていました。笑

その子をホストファミリーの方たちは「失礼じゃないか!謝れ!」みたいに叱ってくれるのですが、それはそれでまた心がいたたまれなくなっていました。笑

ですが、ルームシェアをしている時の方が深刻なストレスを感じていました!

非常に狭い部屋にトルコ人の知らない人と2人で生活していた時のことです。

お互いに生活リズムが真逆だったため、寝たいときにも電気が付いていたり、逆に相手が寝ている時間帯に帰ることが多かったので

電気をつけずに料理をしたり、勉強をしたり、、、なんてことが毎日でしたね。

そういった環境や文化の違う環境に長期間置かれると日本が恋しくなってしまうのは当然ですね!

想像していた華やかな留学と違った!

「想像していた華やかな留学とは違いった。」これも多い理由だと思います。

人による部分かもしれませんが、特に留学初期の英語が自身のない段階では、積極的に学校の友達なんかに話しかけていくのって怖いですよね!

私も最初は話しかける勇気も聞き取る自信もなかったので、最初に友人作りになかなか苦労しました。

そこで感じるのは孤独感ですよね。

サル君
サル君
想像していた華やかな留学生活とは違う!

というふうにギャップを感じてしまう場合もありますよね。

勉強が大変でついていけない!

私は学校で、ビジネス英語を学ぶんでいたのですが、当初は周囲のレベルの高さゆえに、授業内での発言や質問もあんまりすることができなかったですね!

そこで感じるのは、周りと同じ学費を払っているはずなのに圧倒的に無駄な授業になっている、、、というところから感じる焦りでした。

今となってはそれがきっかけとなって英語の勉強を頑張るモチベーションにもなったのかも知れないとも思いますが

当時は本当にそれがストレスで、日本へ帰ってしまおうかと考えてしまうことも多々ありました。

【対処法】辛いホームシックを乗り越えるための対処法

f:id:sarukun-blog:20190315161937j:plain

ここまではホームシックの原因として主なものをあげてきましたが、私はほとんど全部の原因からホームシックになってしまいました!!!

何度日本へ帰ろうと思ったかわかりませんが、結果として様々な対処法を試すことで、乗り越えることができました。

ただホームシックを乗り越えただけではなく、今では留学経験が胸を張って最高のものであった!と言えるようになりました。

そんな幾つかの対処法をご紹介していきたいと思います。

 目的を思い出す

私が試した一つ目の対処法にして、一番効果があったのはこれでした!

ホームシックに今困っている皆さんも、何か「目的」や「目標」を持って留学を決意したはずです。

それをもう一度思い出して、そのために全力を捧げてみましょう!

私の目的は幾つかあったのですが、例を紹介します。

  • 現地の友達をたくさん作る!
  • 使える英語を伸ばす!
  • 隅から隅まで観光しまくる!

なので、日本が少しでも恋しくなった時には、現地の友達を作るために話しかける努力をしたり、その中で積極的に英語を使うことを意識して生活していました。

また、ガイドブックに載ってないようなところまで知り尽くしてやるという目的もあったので、時間さえあればロンドン中を探索しまくっていたので、現地人より詳しいかもしれません。笑

Meetupで現地の友達を作る

Meetup

Meetup

  • Meetup
  • ソーシャルネットワーキング
  • 無料

これは現地人の友達を作るには本当にオススメです。これをきっかけで現地の友達が何人もできました!

どういうアプリかというと、世界中で2700万人以上の人が使っている、地域のコミュニティの作成や参加ができるサービスですね。

たとえば私はロンドンに滞在していた時には、「日本語を学びたいイギリス人」と「英語を学びに来ている日本人」でLanguage Exchangeをしよう!

みたいなコミュニティがたくさんありました。

例えば、コミュニティが毎週の金曜日にパーティを開いている!

みたいのがあれば、行ける時は迷わず参加していました。

日本はやぱり世界に誇るアニメの効果でしょうか、日本語を学びたい人がたくさんいるのでラッキーですね!

(他の言語の友達なんかは、その言語を学びたいイギリス人が少ない!と嘆いていました笑)

だいたい立食パーティ?的な感じのものが多かったのですが、そこで気の合った友人などとは連絡先を交換して後日一緒に遊びに行ったりしていました!!

※ですが、やはりネット上で会うというのは危険ももちろん伴うので、MeetUpを使って友達探しやコミュニティ探しをするときは、友達と行ったり、そのコミュニティの参加者や口コミをしっかり調べて行ってください。

日本人の友達を作る

私は留学初期に死ぬほど尖っていました!

悩み人
悩み人
日本人の友達がいたらその人達とばっかり遊んじゃって留学の意味がなくなる!

なんて考えていて、今となるとすごい恥ずかしいことですが、初期は距離を置いていました。笑

ですが、やっぱり一番海外で不安を払拭してくれたり、困った時に頼りになるのは言語の通じる日本人ですよね!

また、留学先では色々な日本人が集まるので、日本では関わらないようなバックグラウンドの人と話したりできます。

これも留学のメリットや楽しさの一つと考え、ガンガン日本人の友達を作って頼っていくことをお勧めします。

旅行をしてみる

せっかく拠点が海外にあるんです!

日本からではいけないようなところまで旅行に行きましょう!

きっと気晴らしにもなります。

一人が好きな方は一人でもいいですし、日本人の友達とでもいいです。

または先ほど紹介したやり方で現地の友人を作って案内してもらうのもいいと思います。

少しばかり慣れすぎた環境に飽き飽きしていてホームシックを起こしているのかもしれません!

ストレス発散のためにも旅行をしてみるのもオススメですよ。

日本の家族や友人、恋人に連絡

サル君
サル君
ガンガン頼っちゃいましょう!

留学にいる間は現地の人としか話してはいけないなんてことはありません。

日本にいた時と同じように辛いことがあったら連絡して、嬉しいことがあったら報告していいんです。

私も毎日ではないですが、結構な頻度で色々な人に連絡をしていました。

これを我慢して、ホームシックを引きづったままになってしまい、留学は楽しくない!

なんて思い出になってしまうのが一番もったいないと思います。

やっぱり一番は留学の目的を思い出そう!

f:id:sarukun-blog:20190315162017j:plain

いかがだったでしょうか?1年近くの留学で幾度となくホームシックを経験した私が、その原因や対処法をご紹介しました。

少し長くなってしまいましたが、やっぱり一番は

「私は何のために留学に来たんだっけ?」

と考えてみることです。そうすることで、自ずとやりたいことややるべきことが見えてきて、ホームシックの状態から逃れることができると思います。

留学は楽しいだけ!というイメージがありますが、実際には色々なことがあって、泥臭い努力なんかも必要ですよね!

でも留学を楽しくするも後悔の残る留学にするも自分の行動次第です!!

この記事が、ホームシックを乗り越えて、「最高の留学だった!」と胸を張って言えるように役立てば幸いです。

それでは留学を最高に楽しんでください!