SNS・ブログ運営

Twitterを始めるべき理由と6つのメリット【発信活動は誰しもがすべき】

どうもこんにちは、サル君です。 (@sarukun_blog)

突然ですが…

社会人の方で、本業とは別にTwitterに力を入れてる方ってどれくらいいますか?

あんまりいないですよね。

サル君
サル君
私はTwitterを始めて本当に良かった!人生変わった。と言っても過言ではないと思っています。

ということで、今回は

  • 社会人こそTwitterに本気で取り組むべき理由
  • 実際に自分が本気で取り組んでみて感じた6つのメリット

をご紹介していきます。

社会人は勉強のアウトプットに最適

社会人の平均勉強時間は6分

まずはこちらの動画を見ていただきたいのですが、簡単に概要を説明します。

学校の勉強以外で、自発的に勉強している時間に対して行われた調査で、社会人の平均勉強時間は6分という結果が出たということです。

サル君
サル君
6分て!6分てやばすぎ!!

これがどういうことかというと、もちろんみんなが6分だけ勉強しているわけではなく、勉強を日々している人と、全くしていない人の二極化しているわけですね。

社会人は稼いだお金を投資(自己投資)に多く使うべきで、それが金銭的に豊かになる最速の方法であることは「金持ち父さん貧乏父さん」にも書かれています。

サル君
サル君
社会人は勉強をしないと損をする!勉強をすべき!
5分で分かる『金持ち父さん貧乏父さん』①お金持ちはお金のために働かない!どうもこんにちは。 サル君です。 (@sarukun_blog) 今回は世界的ベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」の中の「...

今の現代人はインプット過多。アウトプットできていない。

私含め、今現代人はインプットが過多になっています。

スマホを1時間いじってるだけでも目に入り込んできている情報はかつてスマホ時代が来る前の10倍以上になっていると思います!

でも、それをしっかり自分の知識や力にしていくには正しくアウトプットをして自分のものにしていく必要があります。

コロンビア大学の心理学者アーサー・ゲイツ博士の実験によると、インプットとアウトプットの黄金比率は3:7である。

という結果が出ています。

誰かわかんないですけど、凄そうな人がそう言ってるんですって!!!

つまり、勉強してインプットするだけではなく、アウトプットをすることがもっとも効率に良い勉強方法ですね。

Twitterは要約力の向上に最適

サル君
サル君
つまりTwitterを自分が勉強したことのアウトプットの場として有効活用しよう!ということですね。

このツイートは世界的ベストセラーのビジネス書「チーズはどこへ消えた?」を読んだ時に、軽く要約をツイートしたものです。

多分一冊本を読んだだけでも、1日後、1週間後には何を学んだっけ?

って忘れちゃうことがほとんどですよね。

でも140字しか入力できないTwitterというプラットフォームを利用することで、簡単な要約と、自分の知識の蓄積が可能になります。

そしてその要約はきっと誰かの役に立ちます。

詳しくは後述します!!

情報の偏りを減らすことができる

RT機能って?

サル君
サル君

RT(リツイート)機能なんて知ってるよ!という方はここは飛ばしちゃって大丈夫です!

RT機能とは、自分が良い!と感じた情報やTweetを拡散することのできることの機能です。

通常、私がAさん、Bさん、Cさんという人をフォローしていたとすると、この3人がつぶやいたツイートを見ることができます。

しかし、AさんがフォローしているDさんという人のTweetで良い!

と思うものがあって、それをAさんがRTしたとすると、Aさんをフォローしている私のところまでそのDさんのTweetが回ってきます。

サル君
サル君
わかりづらい説明ですみません。フォローとかすらわからないよ!という方はまずTwitterに登録して実践してみることをお勧めします…

幅広い分野の情報収集が可能になる

先日こんなことを呟きました。

最近はテレビなんかはあんまり見ないで、月額会員制のAmazonプライムだったりNetflixなどの配信サービスを使っている人がほとんどだと思います。

Youtubeなんかもそうですね。

ニュースを見る時のスマホでネットニュースを見たり。。

なるべく幅広いニュースに目を通そうと思っても、知らず知らずのうちに自分の興味ある分野のニュースしか見なくなっているはずです。

でもRT機能のおかげで、自分の本業や趣味とは関係のない分野の情報までタイムリーに入ってきて、知見の向上に一躍買うはずです。

サル君
サル君
ただし、ネットリテラシーや情報の取捨選択がしっかりできる人でないと、信ぴょう性の低い情報に騙されてしまうこともあるのでそこは注意ですね〜

自分の商品を売れる可能性が生まれてくる。

自己商品の広告媒体は自分で作る時代

もしサラリーマンとしての給料だけでなく、副業としてもお金を稼ぎたいと思っているのであれば、本気でTwitterに取り組むということはマストであるように思います。

もし継続的にTwitterに取り組み、自分自身のフォロワーが1000人、2000人、1万人となった場合には

何か商品を売りたいときに、自分自身のTwitterで宣伝することが可能です。

先述したRT機能なんかも使っていけば、一瞬で1万人以上の人の元へその情報は届けられます。

現時点で私のフォロワー数は800人ほどですが、頑張れば3万人くらいの人に見てもらうことが可能です。

自己商品なんて持ってないという人も大丈夫

今の時代では、誰しもがコンテンツの消費者だけでなく、制作者側になれる時代です。

今私が書いているこのブログも、私がほとんど元手をかけずにコンテンツを作って、発信しています。

もしあなたが人より何かに対したノウハウを持っているのであれば「note」などを使えば、個人でも簡単に電子書籍を得ることができます。

また、絵を描くのが得意な人であれば、LINEスタンプを作ったり、Tシャツを作ったりして

その広告を自分のTwitterで行えば、十分に無名の人でも販売経路が作れますよね!!

最近ではpolcaなどの簡易的なクラウドファンディングも流行っています。

こういったクラウドファンディングでも、比較的Twitterでの発信力があれば、何かをしたいときに資金が集めやすいというのもあります。

雇われる側としての給料以外にも、収入源を作っておくことが精神的にも安定をうむので、今の時代では非常に大事ですね。

匿名だからこそ、本音で発信することができる。

私は以前こんなツイートをしたんですけれども、私自身Twitter自体は別のアカウントで2014年から利用しています。

ですが、そこでは学校での同級生や、リアルな知り合いが多いので、「見栄」に近いような投稿が多くなってしまいます。

今の「インスタ映え」と言う言葉が流行っているように、リアルの友人がいるSNS上では

自分はキラキラしていて、毎日華やかな毎日を送っている!

と言う発信をしたくなりがちなんですよね。

サル君
サル君
辛い時は辛い、楽しい時は楽しい、自分の考えや持論をしっかりと周囲に話すことができる!

これってすごく有効で、自分の考えの整理にもなりますし、ストレス発散になります。

自分の存在意義を感じることができる

サル君
サル君
自分の持ってる情報なんて誰にも役に立たないって思っていませんか?

それは大間違いで、あなたの当たり前は他の人にとっては当たり前ではない!!

東京生まれの人にとっては、地方での生活は一切想像がつきませんし

学生にとっては社会人がどのような感じなのかイメージがつきません。

営業をしたことない人には営業のことなんでわかりませんし、マーケティングに関しても同じです。

結婚している人であれば、独身の人に有意義な情報を伝えることができるでしょう。

つまり、誰でも他の人にとっては有意義な情報や経験談を持っているということです。

そこで見てもらいたいのがこちらの動画です。

私が、ブログを始める一番最初のきっかけとなった動画です。

 

要約

どんなに頑張った営業マンでも、1日名刺を配れても、100枚くらい。でも、SNSをしっかりと用いれば、1万2万人の人へと、情報を作ることができる。

そこで価値提供をしていけば、人脈もお金も自然と増えてくる。

全員ブログをやるべき、Youtubeをするべき。とは思わないが、全員が発信活動をすべき

つまり、発信しないというのは、発信者側にとっても、その情報を求めている側にとっても損にしかならないので、思うことがあるのであれば

「今日こんな本を読んでこう思った。」

レベルのことでもガンガン発信していくべきということですね。

Youtubeやブログは少しハードルが高いと思う方は、TwitterやInstagramなどのSNSから初めて見るのがいいと思います。

現実では起き得ない出会いがある

サル君
サル君
これが一番のメリットかもしれない!

多分職種も年齢層も住んでいる地域も違う人って、一生関わることがないことがほとんどですよね。

でも、あなたの考えや思ったこと、趣味などを発信していけば、1万人、2万人の人に届けることができますし、逆にそういった情報も入ってきます。

そうなると、そういった同じ趣味や考えを持った人とネット上でつながることができるって凄いことじゃないですか?

また、もしあなたが病気や、会社の環境など、辛い状況に置かれているのであれば

同じような境遇の人と励ましあっていくことも、相談することもできます。

身近な人に相談できないようなことでも、案外初対面の人にこそ相談しやすかったりするというのは、最近の研究結果でも出ています。

サル君
サル君
私も会社で働くという以外にも、色々な選択肢があるんだということを知りました。

まとめ:Twitterをやらない理由がない

 

まとめ
  • 勉強のアウトプットに最適
  • 情報の偏りを減らすことができる
  • 自分の商品の宣伝媒体にできる
  • 匿名で本音で発信できる
  • 自分の存在意義を強く感じることができる
  • 現実では中々ない出会いがある。

いかがだったでしょうか?

とりあえず、結論としてはTwitterをやらない理由がないということですね。

もちろん登録も利用もずっと無料ですし、やめたくなったら1日でやめればいいですし

もしアカウントが嫌になったら新しいアカウントを作ってまた再スタートも可能です。

まずは登録だけしてみて、発信活動を楽しんでみることをお勧め!!

それではっ!!