就職活動

就職活動で聞くOB訪問とは?他の人と差をぐっとつける正しいやり方

サル君
サル君
どうもこんにちは。サル君です。 (@sarukun_blog)

就活生のみなさん、OB訪問、OG訪問してますかーーー!!!

OB訪問をしっかりとやらないと、正しい企業の姿がわからないですし、何より内定獲得から一歩遠ざかりますよっ!

以前【2020卒・完全版】就活生がすべき4つの事とそのやり方を詳しく解説の中でもOB訪問の重要性を言ってきましたが、本記事ではより一層詳しく解説していきます

こんな人にオススメ
  • OB訪問ってそもそも何?
  • 正しいやり方って?
  • どうやってアポイントメント(予約)をすればいい?
  • 会社に見られてる?他の人と差をつけるには?

間違いなくOB訪問をしたい方は、同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」のサービスを賢く使うのがオススメです。詳しいOB訪問のやり方は後述します。

OB訪問ってそもそも何?

OB訪問とは自分の大学の先輩に、その先輩が働いている業界や会社についていろいろ質問をしに行くことです。

例えば不動産業界のAという会社で働いている、同じ大学の先輩を見つけて、その方にメールなどの手段で連絡を取って、様々なことを聞かせていただく感じですね。

なので、もちろん直接自分の知っている先輩が興味のある会社や業界で働いているのであれば、その方にLINEでもなんでも連絡を取って話を聞いてみるのが一番だと思います。

ですが、基本的にはそういった先輩がいない場合が普通だと思いますので、詳しい先輩の探し方については後述します。

OB訪問をしてこそ、その業界や企業の本質が知れます!

やらないのは圧倒的に損ですよ

面接でも差別化ができますし、何より入社後の自分と企業のミスマッチを最小限にすることで、退職などのリスクも下げれます。

OB訪問で差をつけるには質問シートを利用すべし

以前こんなツイートをしました。

OB訪問というのは、社員さん側から言ってしまえば、忙しい仕事の合間に知らない大学生が、「お話を聞かせてください!」って急にくるわけです。

丁寧な態度を心がけるのは当たり前ですが、相手の時間を奪わない工夫や、感謝の気持ちを表すことが必須です!

ですが、この当たり前なことができていない人が8割以上います!

逆にここをしっかりすれば、圧倒的に他の就活生と差をつけることができます。

※もちろんOB訪問での態度などは、会社側にも話はいっていることがほとんどです。無礼な態度は絶対に取らないのは絶対ですよ〜!!

まずはOB、OGにアポをとろう

主にOB、OG訪問のやり方は3種類あります。自分の仲の良い先輩に直接話を聞くのが一番ですが、今回はその方法以外の3種類を解説します。

  1. その企業公式のOB訪問に参加する
  2. 大学のキャリアセンターを利用する
  3. 無料の就活支援サービスを利用する

 

その企業公式のOB訪問に参加する

まず一つ目は企業が公式にOB訪問のようなイベントを開催してくれている場合は、それを利用することです。

企業の1つの説明会でも、先輩社員に話を聞けるイベントだったりもあると思います。

また、企業側に連絡をすれば、卒業大学が同じ先輩を紹介してくれる場合もあります。

それに関しては、説明会などの時に、迷惑の無いように聞いてみましょう。

1つ注意して欲しいのは、企業の説明会は当たり前ですが、採用活動の一環です。

そこで話されている先輩社員も、会社のマイナス面に関してはあまり声を大にしては言えない場合がほとんどと思います。

もちろんしっかり熱意を持って仕事の魅力や、ダメな点も教えてくれる方もいますが、これから紹介する残り2つの方法の方が、個人的には有意義なOB訪問ができると思います。

大学のキャリアセンターを利用する

キャリアセンターがある大学では、卒業した先輩の勤め先一覧の名簿があります。

もしそこに卒業年や、メールアドレス、名前などが載っていれば、そのメールアドレスにて連絡をする方法です。

注意しなければならないのは、そのメールアドレスは卒業時にその先輩が登録されたものなので、現在も使っているかわからないので、返事が来るとは限りません。

また、社会人の方からしたら、「面倒臭いから返信はやめておこう」と思われる方がいても不思議では無いですし、むしろ普通の感覚だと思います。

なので、返信がこなくても、追撃とかしちゃダメっすよ!!

注意しなければいけないのは、名簿にほとんど希望の会社の先輩が載っていないことです。

基本的には希望者のみがキャリアセンターに就職先を登録しに行きますが、いかない人がほとんどなので、あまり期待せずに名簿を見に行った方がいいと思います。笑

無料の就活支援サービスを利用する

一番オススメの方法はこれですね。

メリットとしてはこの2つです。

  • 先輩が見つけやすいこと
  • 企業公認のOB、OGに訪問することができる

もちろん逆に言えば、会社側から見られていると考えると、無礼な態度などは絶対にNGですね。

オススメは同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」VISITS OBの2つです。

前者のサービスでは、特に1万人以上のOB、OGの方が登録されてらっしゃるので、もっとも見つけやすいと思います。

「ビズリーチ・キャンパス」では、就活情報を様々入手出来るだけでなく、登録を済ませておけば、有名企業からスカウトが来る可能性もあります。

早期内定や大手企業の内定を狙っている方には必須のサービスです。

 

差をつけるには「質問一覧表」を有効活用すべし

OB訪問で他の就活生と差をつけ、OBやOGの方から非常に高い評価を受けるためにすべきことはこれ一つです。

「質問一覧表を使いこなす」

これだけ。

「質問一覧表」を作成する

一番最初にも言いましたが、一番大事なのは相手の時間を奪わないことです。

なので、実際にOBやOG訪問が実現したとしても

何を聞こうか?

何を質問すればいいんだろう?

となってしまっては全く有意義な時間になりません。

具体的にどんなことを聞きたいのかを事前に一覧表にして印刷しておきましょう。

私自身が就職活動時に使っていた質問シートの基本の形を貼っておくので、ぜひ有効に使っていてください。

※OB訪問する方の年齢や業界、企業によっては質問を変えで使用するのがベストです!

就活関係

  • インターンシップに参加したか
  • OB/OG訪問をどれくらいしたか
  • 就職活動の軸は何か
  • どうして◯◯業界を選んだのか
  • どうして、御社を選んだのか、最終的な決め手は何か
  • 御社の競合他社と比較した上での強みは何か
  • 学生時代にどのような経験をしてきたのか
  • 就活全般でやっておいた方がいいこと
  • ESで気をつけた点は何か
  • 求められる人材はどんな人物像か
  • 内定獲得に向けて仕入れるべき情報はどのような内容でしょうか

企業関係

  • その仕事をする上で考えていることは何か
  • 入る前と入った後のギャップは何か
  • 1日の仕事の流れについて
  • 最近の業界内で話題のニュース
  • 仕事の楽しいと感じるところ
  • 仕事を通しての夢は何か
  • 活躍するために必要な能力は何か
  • この会社、この仕事を選んで良かったと感じるのはどんな時か
  • 最も大変だったことは何か
  • 仕事で悩んでいることは何か
  • 5•10年後のキャリアプランはどのような感じか
  • 職場の雰囲気はどのような感じか

「質問一覧表」を事前に送っておく

先ほどアポの取り方をご紹介しましたが、その段階で「当日はこのような内容をざっと質問したいと考えています」といった旨のメールを送っておきましょう。

先輩社員も人間です。

  • どんなこと聞かれるんだろう?
  • 自分で助けになるかな?大丈夫かな?
  • ちゃんと話せるかな?

といった不安があるはずです。そういった部分を解消するためにも、そして事前に送って考え来てもらえば、確実な解答が返ってくるはずです。

こんな簡単なことをやらない就活生がほとんどなので、これ送るだけで高評価は間違いないはず。

「質問一覧表」を当日2枚プリントして持っていく

当日になったら、メールで事前に送っておいた質問一覧表を2枚持って行きましょう!

もちろん1枚は自分用、もう一枚は先輩社員のためです。

この質問一覧表を当日しっかり渡しておくだけで、先輩社員の「今日どれくらいで終わるんだろう?」といった不安をなくすことができます。

OB訪問は正しいやり方で徹底的に行うべき。

まとめ

OB訪問をうまくやることで、内定獲得への道はぐっと近づきます。

後悔ない就活のために楽しみましょーねっと

【2021卒・完全版】就活生がすべき4つの事とそのやり方を詳しく解説 今は就職活動も始まって色々順調に進んでいる人から、何すりゃいいかわからねぇ!って人もたくさんいると思います。 就活...