英語学習

社会人が英語学習を習慣化して学ぶなら英字新聞がオススメな理由【口コミ】

サル君
サル君
どうもこんにちは。 サル君です。 (@sarukun_blog)

英語の勉強をしたいけど、もうTOEICの勉強とか、英会話とか飽きた。

もっと実用的な英語の勉強をしたい。

ドヤ顔で電車やカフェで英字新聞を読んでる人になりたい。

こんな方に向けた、新しい英語の学習方法を紹介した記事になってます。

結論から言うと、英字新聞(週刊)の購読です。

お勧めの英字新聞はニュースで身につく、世界の視点と英語力。The Japan Times Alphなのです。

サル君
サル君
なぜお勧めなのか、そしてどう具体的に活用して勉強すればいいのか、などを深掘りしていきたいと思います。

もうTOEICの勉強とか、資格のための英語学習に飽きたという人に朗報です。

先ほども言いましたが、TOEICの学習や資格のための勉強に飽きた人には「英字新聞」の購読をお勧めします。

TOEICの勉強とかって、具体的な目標設定ができるのはいいものの、その点数をとってどうればいいんだっけ?ってなりがちですよね。

楽しみながら継続するのには結構根性が必要になりますよね。

私は、TOEICの勉強に飽きた時はゆるっとこのThe Japan Times Alphを活用して、英語に対するモチベーションを維持していました。

とはいえ、圧倒的にTOEICのスコアを確実に取りに行きたい!という人には、最強の勉強方法について詳しく解説した記事がありますので、合わせてどうぞ。

TOEICの学習では、猛烈な目標と根性が必要になる。

先ほども言いましたがTOEICの学習には挫折してしまうポイントが結構多いですよね。

実際に私も挫折を何度もしてしまいましたので、その時の原因は下記の感じでした。

サル君
サル君
フィリピン留学時には完全に学校に24時間幽閉されていたから、勉強しまくったけど、、、、
3ヶ月でTOEIC900点越えたフィリピン留学の3つのメリット【体験談】 最近は英語学習のための留学では、費用が他国と比較して抑えられる、フィリピン留学が流行ってますね。 などといった疑問...

TOEICの学習に挫折してしまう理由やポイント

まず、先ほども言いましたが、TOEICの学習は就活とか転職には使えるけど、実用的に発揮する場所が少ないので、モチベーションの維持が難しいですよね。

一番はここだと思います。

私は留学中に

サル君
サル君
一応留学したんだから、就活時に突っ込まれないように、スコアとしてTOEICをとっておこう。。。

くらいの気持ちで勉強していました。笑

ですが、その時には行きたい企業も決まってなかったですし、そもそも何点くらい必要なのかも一切わかっていませんでした。

そうなると、モチベーションのキープは難しい。笑

あとは、TOEICって、申し込んでから2ヶ月くらいの期間ありますよね。

申し込んだ後って、よし、この2ヶ月間猛烈に追い込むぞ!!!

って思ったりもするんですけど、実際に2ヶ月ってかなり長い期間で、モチベーションを維持するのってかなりむずかったりします。笑

【自己語り】かつて、TOEICの学習では100回は挫折したけど、英字新聞は続いた。

ここからは、TOEICの学習に100回くらい挫折した私が、The Japan Times Alph」をお勧めする理由を列挙していきたいと思います。

てか、その前に、安いんですよね、まず。

今公式サイトから引っ張ってきましたが、税込み送料込みでこの値段です。

3ヵ月(13)3,390

6ヵ月(26)6,780

12ヵ月(52)13,560

サル君
サル君
いや、なんかステマとかじゃなく、普通に安い笑。私が購読してた時ってこんなに安かったっけな、、、

週に1度なので、まとまった時間が取れる時でOK

英字新聞The Japan Times Alphというくらいだから、毎日の日刊かと思いきや、週刊です。

なので、会社員の方などで、毎日読むのは流石に厳しい。なんて方にも最高です。

サル君
サル君

私は土日なんかにまとめて読んでました。

実際の時事ニュースなので、内容に興味を持って取り組める

TOEICの批判をするわけじゃないですが、TOEICの参考書とかの内容って、ビジネス文書の面白くない会話とかニュースが多いじゃないですか。

現実ではありえない値段の不動産が出されてたり、ありえないクレームがあったり、、、

まぁそれはそれで面白いかもしれないですが、このThe Japan Times Alphでは、当たり前ですが、新聞なので時事ニュースを英語で読む感じになります。

なので、内容的にも興味を持てるものが多いと思います。

あとは、ニュース内容の中には普段の生活の中ですでに知っているものも多いと思うので、新聞内にある程度知らない単語があっても、ある程度スラスラ読むことができます。

ニュース記事の翻訳はウェブで確認もできる

サル君
サル君
これ、めっちゃでかかったです。笑

知らない単語を自分で調べて翻訳。

これって英語学習でめっちゃ大事な勉強方法だとは思うんですが、辞書片手に頑張りまくっても、結局理解しきれない文章とかってありますよね。

その答え合わせがしっかりとウェブサイトでできるのが継続できる理由の一つです。

TOEIC対策用の練習問題や、エクササイズも充実してる。

TOEICの点数もあげたいよ!

という人にも朗報です。

TOEICの練習問題や、ライティングスキルを上げる演習問題など、TOEIC学習に特化したコーナーも付随しているので、このThe Japan Times AlphをTOEICの一つの毎週発行の参考書として使用することも可能です。

難しい語彙には注釈がついている

これはいうまでもないですが、めっちゃ便利です。

難しい単語があっても、

「これは覚えたほうがいいのか?いらない単語なのか?」

って判断に困って消耗することって多々ありますよね。

でも、この難しい語彙に注釈がついているので、その単語は軽く意味を確認する程度に押さえておけばいい!ということがわかるので、精神的に消耗しなくて済みます。

なんか現地の新聞を読んでいるようで、ドヤ顔ができる。

あとはドヤ顔ですね。

カフェや電車内で新聞読んでいる人が結構いますが、大抵普通の日本語の新聞ですよね。当たり前ですが。

サル君
サル君
というか、自分も電車内で毎日のように日経新聞読んでますが!

でも、英字新聞を広げてるだけで、周囲の目線が

「おっ、こいつ、英語できるやつだ!」

ってなるので、そういったことがモチベーションに変換できる私みたいなタイプにはなおThe Japan Times Alphがオススメです。

楽しみつつ、実用的な英語を無理なく学びたいなら英字新聞を購読するのがマジのガチでお勧め。

TOEICの点数もあげたいけど、もう既存の勉強方法には飽きた!って人にはマジでオススメなのが今まで紹介してきたThe Japan Times Alphでした。

息抜きしつつ、英語を楽しんで勉強したい!って人はマジで安いので、3ヵ月で3,390円のやつでもまずは手始めに購読してみることをオススメします。

飽きたらやめちゃえばいいと思います。そんな高い買い物でもないので。

以上、英語学習には英字新聞の活用もオススメだよ!って記事でした。

他にもTOEICの勉強方法や、英語の学習方法について幾つか記事を書いているので、もしよかったらそっちも読んでみてください!