留学全般

【休学して留学】大学を休学して留学に行こうと思ったきっかけや理由【休学してでも留学は行くべし!】

どうもこんにちは。 サル君です! (@sarukun_blog)

悩み人
悩み人

留学に行きたいけれども一歩踏み出せない

休学してまで留学に行く価値ある?

留学に行くための背中を押して欲しい!

こんな方に向けた記事になっています。

私は大学を1年間休学し、フィリピンへ3ヶ月留学し、その後にイギリスへ留学をしました。

結論から言うと、休学してでも留学に行くべき!

と私は思っています。

なので、そんな私が

  • 大学を休学してまで留学しようと思ったきっかけ
  • 留学で学べることは英語だけではない
  • 休学してでも留学に行くべき理由

ここら辺について深掘りして書いていこうと思います!

フィリピン留学完全マニュアル

フィリピン留学のことについて全てまとめた記事もありますので、全て知りたい方はこちらも合わせてどうぞ。

フィリピン留学の完全マニュアル【費用・持ち物・評判・学校・体験談】

 

留学を決意したきっかけはベトナムでのインターンシップ。

私は大学3年生の春、周りが就職活動を始めていたので、私も例に漏れず就職活動を行なっていました。

就職活動は人並みに一生懸命頑張っていたのですが

あることがきっかけで、ベトナムでの短期インターンシップに参加しました。

そして、その中での出来事が私の思いを変え、周りが就職活動を行なっている中、急に休学し、留学を決意しました。

 

【短期留学】ベトナムでの短期インターンシップは就活にどう使うのか【体験談】ベトナムに留学って最高。 巷では就職活動がお盛んなこの時期、毎年こんな就活生が現れます。 やばい!就活で話せることがない! 大学生活で人に自慢...

ベトナムインターンシップにはなぜ参加したのか?

ベトナムインターンシップに参加したのにはいくつかの理由がありました。

  • やばい、就職活動で話せることがない
  • ベトナムの地球幸福度指数が世界5位?理由知りたい!
  • 結局お金とか時間とか何があるのが一番幸せなの?

これらについて知りたかったからです。

やばい、就職活動で話せることがない

当時私は割と大手企業に行きたい志向でして、面接に参加しても、凄い過去を持ってる就活生だらけ。

そんな中で

自分の学生中にやってきたことはちっぽけなんじゃないか。

こんなんじゃどこにも受からないんじゃないか。

という考えに陥ってしまい、自分もなんかしなきゃ!

そう思ってしまったのが、いこうと思った理由です。

もし今の自分が当時の自分にアドバイスができるのであれば

決してそんな事はないから自信を持って就活しろ。

と言いますけどね(笑)。

大手に入ったからといって決して安泰ではないぞ!と。

ベトナムの地球幸福度指数が世界5位?理由はなんでなのだろうか?

ベトナムインターンシップの存在を知ったのは何かしらの就活サイトでした。

普段なら適当に流すはずなのに、その時は何故か興味を持ってみてしまったんです。

疑う人
疑う人
ベトナムってどこらへんの国でどんな国なんだ?

そんなレベルだったので、まず調べてみると

  • 日本人と似た国民性
  • 地球幸福度指数がアジア1位世界でも5位
  • 新興国

こんな情報が並んでました。

当時は、

お金をいっぱい稼ぐ=大企業で辛くてもめっちゃ頑張る

という1本の道しかないと確実に盲信していた私は

お金を稼ぐ事が一番幸せな事なのか?

どういう基準で会社や仕事を選べばいいんだ…

そう悩む日々でした。

そこで、このベトナムの情報を見た時に思ったのは

確実に日本の方がお金を持っている人は多いし、栄えてるし、先進国。

でも、なんでベトナムのみんなはそんなに幸せなの?

やっぱり幸せはお金じゃないの?

日本人が地球幸福度指数が86位とかなのは何故?

実際にベトナムにいって、現地の人と働き、関わり合うことによって

こういった疑問が解決できるのではないか?

そう思ったので参加しました!

参加した後は休学もせず就活を再開する予定だった!

ベトナムでのインターンシップは2週間という超短期間であったことに加えて

参加したのが大学3年生の2月頃だったので、

その後も普通に就職活動は参加するつもりでした。

しかし、帰国後に思うことがあり、休学しての留学を決意しました。

ベトナムインターンシップで感じたことが2つあった。

ベトナムインターンシップで感じたことは2つ

英語を上手に話せなかったことへの後悔

世界中に友達が欲しい、そして世界中の人の考えを知りたい

英語を話せなかったことへの後悔

ベトナムのインターンシップでは、一緒に働いている仲間や、インターンシップでの課題をこなしていくうちに、多くのベトナム人と仲良くなりました。

夜には一緒に飲みに行くくらい仲良くなり、今でも仲良くしている程です。

そこで、英語がもっと話せれば、もっと深い話ができるのに…

英語がもっと話せれば、インターンシップへの参加の目的の1つであった

「お金以外の幸せの部分の本質」をより深く学べたかもしれない。

そんな後悔が、留学を決意するための1つの理由となりました。

世界中に友達が欲しい、世界中の人の考えを知りたい!

こう思ったのが留学を決意した2つ目の理由です。

たった1カ国ベトナムに数人の友達ができるだけで

今後一生ベトナムにいった時には安心できるし、一人旅するよりも楽しめる!

そして、その人が日本に来た時には自分が案内もできる!

それだけで人生の楽しさ爆増しそうだなぁって思ったんですよね。

あとは、やっぱり、考え方が違う人はいっぱいいて、そういう人から純粋に色々なことを学べたら、確実に自分のためになるなって思ったんです。

就活していくなかで、お金とか福利厚生とかばかりを気にして、色々視野が狭くなっていた自分を変えたい。

そこで、休学しての留学を決意しました!

確かに、休学しての留学は勇気がかなり必要かもしれない。

周囲が就活している中に留学をするというのは、結構勇気がいりました。

就職したくないからって逃げるだけなんじゃないの?

みたいなことも言われましたし、

え、フィリピンに行くの?

って笑われたりもしましたが、結果として心から行って良かったと思ってます。

でもそれってベトナムのインターンシップに参加しようと決意した時も同じように

この大事な時期にベトナムなんかに行くの?

みたいなことを言われましたが

結果として自分の直感に従い

やりたい!と興味を持ったことをすぐさま行動に移して、本当に良かったと思っていたので、迷いはありませんでした。

留学で学べることは英語力だけでは決してない。

留学に参加して良かったなと思えることなんて無限大にありますが、ぱっと思いつく学べたことを並べただけでもこれくらいあります。

  • お金は大事だけれども幸せはお金ではないと気づける
  • 全くもってバックグラウンドの違う人の考え方を許容する力
  • 外国でたくましく1人で生きる力
  • 世界中にいる友達たち

これらについて軽く解説していこうと思います!

お金は大事。でも幸せはお金ではないということに気づける

やっぱりお金は大事。本当にお金は大事ということを学べました。

でもその一方で、お金だけが幸せじゃ無いなって心から学べました。

フィリピン留学では、先生たちの給料は、日本と比較してやはり、かなり低かったです。

先生と仲良くなると、給料も教えてくれたりしたので。笑

でも、先生たちってほんっとうに毎日楽しそうに生きてるんですよね。毎日全力というか。

教えるのが本当に好きな人もいれば、

夢があって、その通過点として今英語の先生をやっている人まで。

お金の大事さも、お金がなくとも幸せに生きる方法まで、両方学べたのが留学でした。

全くもってバックグラウンドの違う人を許容する力

フィリピン留学では、4人部屋ワンルームでルームシェア

イギリス留学では、2人部屋のルームシェアで、2部屋共同のリビングやキッチン。

なので、4人部屋みたいなもの

で生活していました!

その中で一緒に住んだ人はサウジアラビア人、ドイツ人、スペイン人、中国人、韓国人、フィリピン人、トルコ人…

本当に色々な人たちがいました。

その人それぞれによって生活リズムも違いますし、宗教によっては食べるものから食べるタイミングも違います。

また、宗教によってはお祈りをするような人もいました。

私が寝ている間とかも声を出しながらお祈りをしている人もいたりして…

色々トラブルになったりしましたが、

今では色々な文化や考えを許容する力がつきましたし

ストレス耐性もかなり付きました!

どんな人とでも、今はうまくやっていける自信がかなりあります。

言語の壁を越えてのルームシェアは本当に学べることが多かった。

外国でたくましく一人で生きる力

やっぱり外国での生活ってトラブル続きなんですよね。

怪我をした時だったり、家の洗濯機が壊れたり、隣人とトラブルになったり。

また、イギリス留学中はフランスやベルギーに一人旅にも行ったのですが、やっぱり盗難にあったりひったくりにあったり。

美術館では差別を受けたり。

ほーんとに良い意味でも悪い意味でも、日本じゃ起こりえないようなトラブル続きです。

でも、そんな中でも

自分のつたない英語でも周囲に助けを求めたり、なんとか自力で解説する力。

こういった力がついたことは、一生の宝物だと思ってます。

世界中にいる友達たち

世界中に友達ができました。

前述した通り、色々な国の人と住んでいましたし、学校にも色々な国籍の人たちがいました。

今時SNSでいくらでも繋がっているので

サル君
サル君
来月スペインに行くよ!

とか投稿すれば、誰かしら泊めてくれたり、案内してくれるような友達が沢山出来ました。

逆に、日本に行くよ!

みたいな投稿を見つけたら、自分もなるべく泊めてあげたり、日本の観光地を案内してあげたりしています。

こういう繋がりができるだけで、世界中どこ行っても安心できますし、なおかつ旅行が100倍楽しくなりますよね。

これも勿論一生の宝物です。

留学に行ける環境があるのであれば、休学をしてでも留学に行くべきだと思う

確かに、留学は費用もかかりますし、気軽に行きたいから行こう!

って行けるようなものではないかもしれませんが、休学をしてまで留学をしたことに一切の悔いはないです。

あの時、悩む前にとりあえずにでも留学エージェントまで無料相談に言ってみて本当によかったと思ってます。

少しでも興味がある方は、まず留学エージェントでの無料の個別面談等に参加してみるのもいいと思います。

また、当ブログでは、フィリピン留学やイギリス留学など、留学に関する関連記事も色々書いているので、興味がある方はぜひ読んでみてください。

フィリピン留学完全マニュアル

フィリピン留学のことについて全てまとめた記事もありますので、全て知りたい方はこちらも合わせてどうぞ。

フィリピン留学の完全マニュアル【費用・持ち物・評判・学校・体験談】